10分で作れる本格ソースの鶏むね肉ソテー

今回紹介するレシピは、鶏むね肉のソテーです。下ごしらえにほんのひと手間かければ、パサつきのないしっとりとしたむね肉を焼くことができます。クリームソースをからめて、あっという間に豪華なディナーの出来上がりです!

鶏むね肉はパサつきやすい肉です。脂肪とコラーゲンなどの結合組織が豊富な鶏もも肉であれば肉のなかの温度がかなり上がってもジューシーに食べられますが、鶏むね肉は63℃を超えるとパサつきはじめます。鶏むね肉はどんな風に調理するのが一番簡単なのでしょうか。
低温でゆっくりと火を通す方法もありますが、調理時間がかかりすぎるという弱点があります。そこで肉を切ってから叩いて薄くしたものにさっと火を通すアプローチをとりました。この方法なら10分とかからずに豪華なディナーの出来上がりです。肉を叩くことで仕上がりもしっとりします。


鶏むね肉のソテー クリームソース

材料

鶏むね肉(皮なし)…1枚(250g~280g)
塩…適量(肉の重量の0.6%が目安)
小麦粉…適量
サラダ油…大さじ1
ウスターソース…小さじ2
生クリーム…100cc
黒胡椒…適量
パセリ…適量


1.鶏むね肉は薄くそぎ切りにし、ラップで挟んで鍋の底や空き瓶などで叩いて薄くする。目安は5mm。全体に薄く塩を振り、薄く小麦粉をはたく。

2.フライパンを中火で熱し、サラダ油をひき、鶏むね肉を並べる。片面にうっすら焦げ目がついたら裏返して10秒ほど焼き、皿やバットなどに移す。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

haru55machi55 あとレシピはこれです https://t.co/xQMvStLNFZ 簡単だし肉叩きがストレス発散にもなりました✨ 24日前 replyretweetfavorite

nn_nayumi インスタにあげたのこれです↓ https://t.co/SFKGay72Hv https://t.co/DQv4tsDBOt 25日前 replyretweetfavorite

mactkg 鶏肉についている菌は乾燥に弱いの知らなかった。 https://t.co/Xz9tDY0Til 27日前 replyretweetfavorite

fwbc1965_3 #スマートニュース 27日前 replyretweetfavorite