イケメン離脱で早速のピンチ

イケメンの無茶振りで、イケメンの両親に台湾人として紹介されてしまった「私」。日本語が話せないという設定で会話をするのですが、思わぬ質問に「私」ことリンリンはどう切り抜けるのでしょうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
うちのヤバいだんな

大石さちよ

フレンチのお店で出会った現世における最高峰で最後のイケメンは、きもかったーー。著者・大石さちよさんがそんなヤバい夫と出会い、結婚するまでを描いた「うちのヤバいだんな」。幻冬舎×テレビ東京×note「#コミックエッセイ大賞 」大賞受賞作...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sachiyoishi cakesの漫画本日更新です。 日本語が話せないし、かといって誰も英語を話せるわけじゃないし、何なんだよコレ!という心の叫びが多い回です。 25日前 replyretweetfavorite