仮想」と「現実」が融合する日 IT化の波【第9回】

Augmented Reality (AR)と呼ばれる、仮想と現実を融合させる技術が、その黎明期を抜け出しつつあります。「仮想」と「現実」が融合する日、我々の住む世界はいったいどんなふうになっているのでしょう?

 スマートフォンが社会に浸透して数年が経ちました。いつの間にか、電車の中で雑誌や新聞を広げている人をほとんど見なくなりました。みんな、スマートフォンでゲームやチャットに大忙しです。
 スマホやタブレットの普及に伴い、私たちがネットに繋がる時間は伸びる一方です。2010年から2013年の3年間に、アメリカ合衆国における1年間のインターネット接続時間は、4510億分から8900億分へと、倍増しました。ネットへの接続時間は、今後更に増えていくでしょう。その引き金となるのが、Augmented Reality の発達です。

Augmented Reality って?
 “Augmented Reality”(以下AR)とは、人間が五感から得られる現実に映像やサウンドなどの情報を付加することで、現実世界を拡張する技術です。こんな説明ではなんのことだかよく分からないと思うので、スマホひとつで、今すぐに体験できる具体的な例を幾つかご紹介しましょう。

 まず最初は、有名どころのセカイカメラ。街中でスマホをかざすと、「エアタグ」と呼ばれるタグが景色の上にオーバレイ表示されます。店やビルの名前、あるいは口コミ情報などが表示されます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
IT時代の未来〜それはユートピアかディストピアか?

松井博

現在、IT革命によって世の中の仕組みが急速に変わりつつあります。産業、政治、就労、コミュニケーション…… 影響を受けない分野はありません。未来はどうなっていくのか、こうした時代が私たちにどんな選択を迫ってくるのか、元アップル管理職の松...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Singulith 「バーチャルに取り込まれてしまう人は、バーチャルペットやフレンドの食事や家具のために、せっせと現金をはたいて、バーチャルフレンドやペットを作っている会社に貢ぐのです。」 https://t.co/OW2v1FZSst 約4年前 replyretweetfavorite

283vawa IKEAのアプリってこんななんだ! 知らなかった。 5年弱前 replyretweetfavorite

kantoku_kun ほんやくコンニャクがここまで実現してるのか…! 5年弱前 replyretweetfavorite

ko_kishi この記事必読。「攻殻」とか「電脳コイル」の世界ももうすぐだな…これは。>> 5年弱前 replyretweetfavorite