​宿題をやらない理由を説明した息子が先生から認められた訳

ところ変われば学校の評価の仕方も変わるもの。野本響子さんが息子を通わせていた学校では、多くの日本の学校とはちょっと変わった形で生徒を評価しているそうです。

マレーシアのインターナショナル・スクールに子供を入れてみて、気づいたこと。それは、評価軸が全然違うことです。

「静かに授業を聞いている」だけの生徒は「積極性が足りません」「もっと授業に参加してください」と言われることがあるのです。

日本の小学校で、授業を静かに聞いている生徒が問題になることは、まずありません。そして「習ってないことを質問してはいけない」のが当たり前でした。

ところがここでは、逆に「発言したり質問する」生徒が「授業に参加していて素晴らしい」と褒められるのです。長男は、なんでも質問ばかりするタイプだったので、ずいぶん救われました。


宿題をやらない理由を説明できるか?

「自分の言葉で自分の意思をきちんと伝えられること」が評価されることも多いです。

例えば、息子は宿題をちっともやらないのです。ある日、先生から呼び出しがあり、彼は「僕はどうしても宿題をやりたくない。一度やればわかることを繰り返したくない」と先生に主張したそうです。すると先生に「お前の理屈はよくわかった。では今後はやらなくてよろしい」と言われたそうです。「ちゃんと理屈が通っている」と。

これには親の私も仰天しました。

もちろん、先生によっては「宿題をやってくること」を厳しく評価する先生もいるのです。別の先生からは、宿題をやっていかないことに対し「やらなければ、この宿題は明日2枚、明後日4枚、明々後日16枚と増えていきます」と宣言されて、根負けしてやったそうです。「二次関数の恐ろしさを身をもって体験した」と言ってました。

そんな状態だった彼が「あなたはリーダー向きだ」とか言われて、先生からクラス代表に選ばれたと聞いたときは、再度驚きました。日本で、宿題もやってこない子をリーダーにしようという先生は少ないのではないでしょうか。

あとで聞いたら、反対した先生もいたとのこと。先生によって評価も変わります。


はちゃめちゃなところもある学校

こんな感じですから、授業中はずいぶんとうるさいこともあるようです。
そして、なかには破茶滅茶な学校もあるのです。

最初に個人面談に行ったら「息子さん、授業中に歌ってます」と言われて驚きました。「そんなのダメでしょう?」って聞いたら、「いいんですよ。みんな彼の歌う歌が大好きですよ」というので、さらに驚きました。

その後転校し、2番目の小学校でも、恐る恐る「先生、今も息子は授業中歌ってますか?」と聞いたら、「最近では歌ってるだけじゃなくて、踊ってますよ」と言われて、再度びっくりしました。「いいんですか?」って聞いたら、「みんなリクエストして楽しんでるから良いんですよ」と気にもしない風です。

聞いたら、彼だけではなく、ジョークを言いまくる子、授業中にご飯食べてる子、歩いてる子、いろいろいるそうです(そういえば、授業中にバナナを食べてる先生もいました)。親の私がいうのもなんですが、どうやって授業が成立してるんでしょうか?

日本でだったら学級崩壊ですよね。
こんなのがなぜ許されるのか、今でもよくわかりません。

でもですね、先生の方もたいがいで、おふざけがあったりします。

学校の朝礼で突然銃声がなって、先生が倒れたことがあるそうです。
そして「T先生が死にました!」とアナウンス。
これ、先生たちのおふざけなんだそうで、その後、朝礼の「死亡現場」にはテープが張り巡らされ、「殺人犯人」を探して全校生徒が指紋とったり、証拠を集めたり、聞き取りしたりしたんだそうです。

もちろん、厳しい先生は大変厳しく、いまだにケーンと呼ばれる棒で引っ叩くような先生もいます。息子が敬愛する先生は学校で一番怖い先生でした。

いろんな先生がいるのですが、息子によれば、一番違うのは、どの学校も生徒たちのクリティカル・シンキングを育てる—という目的があるってところ。

従来の教育だと「知識があること」が一番重要です。けど、新しい教育では「知識があること」だけではなく、「その知識を疑えること」「さらに疑問を持てること」がさらに重要になります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
怒らない力—マレーシアで教わったこと

野本響子

編集者・ライターの野本響子さんがマレーシアで暮らし始めて感じたのは、日本にくらべて驚くほど寛容なマレーシアの社会。「迷惑は掛け合うのが当たり前」「怒る人ほど損をする」など、日本の常識からしたら驚くことばかり。 この連載では、そんなマレ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

jidaimeikaiban7 宿題をやらない理由を説明した息子が先生から認められた訳 #SmartNews 考えることが、出来る子たちを、育てていく学校 https://t.co/YEUBYKlkrs 25日前 replyretweetfavorite

_emu_ru_ 宿題をやらない理由を説明した息子が先生から認められた訳|野本響子 @mahisan8181 | 26日前 replyretweetfavorite

ponsaiko 宿題をやらない理由を説明した息子が先生から認められた訳|野本響子 @mahisan8181 | 26日前 replyretweetfavorite

3gbrcU0uncak0aY 宿題をやらない理由を説明した息子が先生から認められた訳|野本響子 @mahisan8181 | 27日前 replyretweetfavorite