純猥談

多分僕も、何人かいる男の一人になっているのだろうと、そう思っていた。

かなりの人数から告白されていることは容易に想像がつく彼女は、僕には遠く離れた存在だった。彼氏になれるなんて考えもしない。


大学に入ってしばらく経った頃、学科の後輩とよく寝ていた時期がある。

彼女と初めてセックスをする前の晩 宅飲みしましょう、と誘われた。

以前も何回か、「テスト勉強に付き合え」と言われ、彼女の家へは飲みに行っていたから、その日もなんとなく一人暮らしのアパートについて行った。

下らないテレビゲームをしながら。
学科の恋愛事情で大層盛り上がって。


彼女は一晩で飲む量ではないアルコールを流し込んでいた。

「そんな飲んで大丈夫?」

と笑いながら訊ねたら

「だって、彼氏に振られちゃったんで。飲まなきゃ、やってらんないです」

と、向こうも笑って返してきた。

酔いもあってか、湧き上がってきたのは失恋した人を慰めなきゃ、という機械的な思いだけで、

それはしんどかったねぇ、と軽く返した。

その時彼女がどんな表情をしていたのかは、覚えていない。


彼女は背が高く、中学高校と陸上部だったこともあって、細身かつ健康的な身体つきが目を引いた。 容姿も淡麗で、芸能人を思わせる様な顔立ちは、学科の中でもかなり評判だった。

かなりの人数から告白されていることは容易に想像がつく彼女は、僕には遠く離れた存在だった。

彼氏になれるなんて考えもしない。

多分僕も、何人かいる男の1人になっているのだろうと、そう思っていた。


その日の朝 彼女の心臓の音と、昨日飲んだ酒の匂い、柔らかい、溶け落ちるような、くちびるの感触で目が醒めた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
純猥談

純猥談 編集部

誰もが登場人物になったかもしれない、現代の性愛にまつわる誰かの体験談が純猥談として日夜集まってきています。様々な状況に置かれた人たちから寄せられた3000件を超える投稿の中から、編集部が選りすぐった傑作を公開していきます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

0501Can @cakes_PRさんから @junwaidan 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

taiga1213 あぁ、良かった。 表現の仕方、言い回し、情景が浮かびやすく、同感しすぎてドキドキした。 素敵な投稿でした。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

taiga1213 あぁ、良かった。 表現の仕方、言い回し、情景が浮かびやすく、同感しすぎてドキドキした。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite