村上春樹好きの男性が苦手

今回の「ワイングラスのむこう側」は、村上春樹が好きな男性、が苦手な女性について。一部の女性からあまり評判が良くない村上春樹好きな男性、その理由について、林伸次さんが考察します。

村上春樹の誤解

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

村上春樹は好きですか? 僕、すごく好きなんですね。僕が高校3年生のときに『ノルウェイの森』が発表されまして、当時、徳島の田舎から横浜国大に入った1歳上の先輩の女性が帰省して、僕たちの前で、「君たち、ノルウェイの森のセックス描写についてどう思った?」って言ったとき、「うわあ! カッコいい!」って感じてからずっと愛読者なんです。

今でこそ、村上春樹といえば、そろそろノーベル賞って感じの世界的文学者ですが、僕の世代にとっては、東京でジャズ喫茶を経営していて、時々ジャズのレコードのライナーノートを書いたり、BRUTUSに出たり、糸井重里と仕事をしたりっていう、「東京の文化人の憧れ的存在」だったんです。

そうなんです。当時の多くの若者が「村上春樹みたいに、カフェやバーを経営しながら、たまに雑誌に出たり、音楽について文章を書いてみたり、小説やエッセイを書いてみたりしたいなあ」って夢見たんですね。で、まあお気づきかと思いますが、僕もそういう風に村上春樹に憧れて、こういう風に音楽のバーを経営したり、文章を発表したりしているというわけです。

でも、「村上春樹が好き」って大きい声でいうの、ちょっと恥ずかしいところがどうしてもあるんです。ファンのみなさんはもう諦めているいるくらい、表面的な認識だけが広まっていますよね。「やれやれ」とかそういうのです。

ファンにとってはただの誤解なのに、「村上春樹が好きな男性はどうも苦手」って言う女性が一定数存在するんです。それがどういうことなんだろうとずっと考えていて、先日、noteで発表したら、「そう、その通りなんです!」って女性からのたくさんの支持が得られたので、ここでも書いておこうと思います。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

WtmFc 🤣🤣🤣 なるほど〜(笑) 29日前 replyretweetfavorite

aliciajaponesa これわかる!めちゃくちゃわかる!! 29日前 replyretweetfavorite

les_trooper |林伸次 @bar_bossa |ワイングラスのむこう側 https://t.co/PBSiM3w7UQ 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

her0_219 |林伸次 @bar_bossa |ワイングラスのむこう側 https://t.co/UVuAJbjnks 約1ヶ月前 replyretweetfavorite