ミケランジェロが選ばれた本当の理由 #4

美術史家の古川萌さんがひも解く、ルネサンスの芸術家たち。
大仰な伝記を書いたり書き直したりして、ミケランジェロのイメージを「伝説の芸術家」にまで押し上げた画家ヴァザーリ。多くのルネサンス美術家たちの中から、彼はなぜミケランジェロを選んだのか? 今でも、芸術が「デッサン」から始まると考えられるのはなぜなのか? 4回にわたってお届けする「ミケランジェロ」シリーズの最終回です。

「神のごとき」ミケランジェロ

【ミケランジェロ】第1~3回でみてきたように、その筆の力によってミケランジェロを真に神的な存在にまつりあげてしまったのはヴァザーリです。とはいえ、ミケランジェロに「神のごときdivino」という形容詞をつけて呼んだのは、意外にもヴァザーリが最初ではありません。

じつは、そもそも「神のごとき」という形容は、造形芸術の技芸に携わる人々よりも、主に詩人やその詩作について言われたものでした。ダンテの『神曲』の例を挙げるまでもなく、詩人がその神性を称えられる例は珍しくありません。たとえば、ヴァザーリ自身も「ジョット伝」のなかで15世紀の詩人アンジェロ・ポリツィアーノについて「神のごとき」と記しています。

こうした伝統を踏まえ、最初にミケランジェロを「神のごとき」と称えたのは、詩人ルドヴィコ・アリオスト(1474~1533年)です。アリオストはその著書『狂えるオルランド』のなかで、古今の著名な画家たちを列挙して、ミケランジェロを「彫刻家、画家としても、人間というより神のような」と評しました。ミケランジェロは、生涯で300以上の詩歌を残すなど、詩人としても知られていたので、この形容詞がふさわしいと思われたのでしょう。

ちなみに、「人間というより神のような」の部分は直訳すると「死すべき人間というより神聖な天使のようなミケーレ」といった意味で、これは、ミケランジェロの名前が大天使ミカエルにちなんでいることに着想を得た言い回しです。


芸術家のステータス

さて、ここで思い出してほしいのが、詩は自由七科のひとつだということ。伝統的に詩人は造形芸術従事者よりもステータスが高いので、ここで基本的には彫刻家であるミケランジェロに「神のごとき」という形容があてはめられるのは異例なことです。ヴァザーリはここに目をつけて、自身が執筆した「ミケランジェロ伝」では38回も「神のごとき」ということばを使っています。「神」「神」言い過ぎでは? という気持ちもしないではありませんが、詩人のみならず芸術家にもこの形容詞が使えること、したがって芸術家も詩人と同等のステータスをもちうることが、この「神のごとき」という一語に託されているのです。

また、この「神のごとき」という言い回しは、詩人を称えるお決まりの言い回しだったとはいえ、造形芸術の技術者について用いられると、「神のように創造する者」という意味をも帯びてくるでしょう。これはまた、伝統的に神こそが第一の芸術家であるとみなされてきたことにも関連してきます。15世紀イタリアの人文主義者レオン・バッティスタ・アルベルティは芸術家を「第二の神」だと述べていますが、ヴァザーリにおいては「第二の神」の称号はミケランジェロという特定の個人にあてはめられたのでした。

しかし、どうしてヴァザーリは数多いる優れたルネサンス芸術家たちのなかでも、ミケランジェロを選んで「天からの贈り物」としたのでしょうか。ヴァザーリが個人的にミケランジェロの作品を好きだった可能性も否定できませんが、当時の美術批評の論点にその答えがありそうです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
虚構のルネサンス

古川 萌

ダヴィンチ、ミケランジェロ、ボッティチェリ……「天才」とまつりあげられた偉人たちには、たくさんの逸話や伝説があるけれど、どこかちょっぴり嘘くさい。そこにはイメージ操作や政治的もくろみ、強い野心があったんじゃ……? 大げさ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

aiwetir 面白い。「……15世紀イタリアの人文主義者レオン・バッティスタ・アルベルティは芸術家を「第二の神」だと述べています……」 28日前 replyretweetfavorite

thethreegraces1 美大も最初にデッサン必修だもんな……。 29日前 replyretweetfavorite

cari_meli cakesでの連載が更新されています。ミケランジェロの称揚を通してヴァザーリが達成したかったことについて書きました。これでミケランジェロ編は完結です! 29日前 replyretweetfavorite