出産や子育ての「呪いの言葉」を気にしまうあなたへ

かつて子どもをもつことにネガティブな思いを抱いていて野本響子さん。ところが、いざ実際に子育てをしてみると、こんな面白いことはなかったといいます。そんな野本さんが周囲から投げかけられる「呪いの言葉」に対して意識したこととは…?

子供を産むことに躊躇してる方、小さい子どもがいて将来が不安な方、結構いると思います。

私もかつてはそうでした。「産んでもちゃんと育てられないのでは」「不登校になったらどうしよう」「お金が足りないのでは」と不安でいっぱいでした。

赤ちゃんが生まれると、街の人にいろいろ話しかけられました。

「可愛いわねー」「何ヶ月」とかいうのは、顔がほころんでしまいます。しかし、結構多いのが、「暑いんじゃないの」「寒いんじゃないの」「苦しいんじゃないの」「お腹空いてるんじゃないの」「まだ赤ちゃんなのに外出していいの!」「月齢の割に小さいんじゃないの。おっぱい出てる?」「抱っこしたら抱き癖がつくよ」という「責め責めパターン」でした。

赤の他人をはじめ、身内もいろいろ言ってきます。

母乳教室などで本を手に取ると、そこには、

「母乳の場合は紙おむつはダメ」
「1年の育児休暇をとりましょう」
「食事の手抜きをしてはいけません」

などなど、断定形の情報がやたらと溢れていて、なんだか、いつもどこからか、批判されているような気持ちになっていました。鈍感な私でもそうなので、敏感な方はもっとじゃないかなぁ。

「子供なんて可愛いのは小さいうちだけよ。これから大変よ〜」「男の子は苦労するわよー」って言う人もいっぱいいました。

もちろん、ホントに大変なケースもたくさんあるのだろうけど、子育てなんて、人それぞれ。

先のこと考えすぎると、今いる目の前の子どもを見失ってしまいます。今では「なんだか当時は心配しすぎて損したな」と思います。


子供を産むのは大変か?

それでも子どもを生みたいなって思ったのは、マレーシア人の子育てを見てたから。

1990年代の中頃に「一緒にマレーシアを旅行しよう」って言われて、小さな子ども3人のいる夫婦とマレーシア各地を2週間旅行したのです。

マレーシアやタイで子供たちに接するうち、「楽しそうだな……」「こういう世界もあるのか」と変わり始めました。

20数年前のマレーシアで気づいたこと。

ひとつは子どもが好きな人が多いこと。大勢で子育てしてること。 「子ども大好き」な人の割合が、かなり多い感じなんです。

最近、メディアで取材旅行に行っても、よく1、2組は子連れでくる人がいます。可愛がってくれる人がとにかく多い(特に男性がよく子供と遊んでる!)。

もう一つは、他人に迷惑かけてはいけないって考えが薄いこと。

レストランは子ども連れが当たり前。ほとんどのお店にベビーチェアがあります。店員さんも子ども好きが多いから、遊んでくれることも。

田舎に行くと、ご飯食べてる周りで子どもたちが走り回ってる。子どもは、その辺に放置されてて、みんなで適当に見てる。

大人同士でも「迷惑かけちゃダメ」って考えが薄いです。
団体旅行に行ったらバスで音楽を音出して聴いてる人、ビデオ見てる人、大声でゲラゲラ笑ってる人など、いろいろいて賑やかです。この環境だと、子供が泣いてても責める人は少ないです。

遅刻して責められることも少ないので、子供が出がけに「トイレ」とか言い出しても、「早く、早く」と急かさなくてもいい感じ。

なるほどー、こんな世界があるなら産んでもいいな、って思ったのです。


日本でもよくみたら子育て楽しそうな人がいた!

そして日本でそろそろ子どもを産もうかな? って思ってたとき、内田春菊さんがテレビに出てて、「子育てが面白くて、(子育て漫画を)描かないわけにいかなかった」みたいなことをしゃべっていました。

これには励まされました。
あー、日本でも楽しくやってる人はふつーにいる、と。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
怒らない力—マレーシアで教わったこと

野本響子

編集者・ライターの野本響子さんがマレーシアで暮らし始めて感じたのは、日本にくらべて驚くほど寛容なマレーシアの社会。「迷惑は掛け合うのが当たり前」「怒る人ほど損をする」など、日本の常識からしたら驚くことばかり。 この連載では、そんなマレ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hiirook 好き。 |野本響子 @mahisan8181 |怒らない力ーーマレーシアで教わったこと https://t.co/QKLTsttz8g 5日前 replyretweetfavorite

Natsuko_Mura そう!ポジティブな意見、フラットな事実も自然とよく流れてくるタイムラインにしたい。 >正直なところ子育てがこんなに面白いなら、もっと早くやっていればよかった。そして、せっかくなら独身の頃、もう少しポジティブな意見が聞きたかった。 https://t.co/eL9HuSzATK 6日前 replyretweetfavorite

kenfm これたぶん 10日前 replyretweetfavorite

izaken77 ネガティブなものの方が目にとまりやすいけど、実際はそんなに悪いことばかりでもないですよね。 11日前 replyretweetfavorite