純猥談

忘れられない元カノとの思い出に蓋をするために女友達を抱いた。

彼女と別れて、1年半ぶりのセックスだった。
相手はただの友人だった。 相手に気があるのかは知らない。


7年近く一緒にいた彼女と3ヶ月前に別れた。
理由はお互いの価値観の違いからだった。

高校の同級生だった彼女と付き合い始め、卒業してから2年間専門学校への進学によって遠距離恋愛、さらに卒業してから2年同棲をした。

お互い初めての相手だった。

遠距離をしている頃から激しい束縛をされ、いちいち浮気を疑われ、些細なことで喧嘩の絶えない日々を送っていた。

そんな彼女とセックスをしなくなったのは同棲を始めて半年が過ぎた頃だった。

理屈の通らないことで怒られ喧嘩に発展し、いつかはたまらないほどに愛おしく思えた彼女が疲れるだけの相手になっていた。その頃から俺の性欲もほとんど一切湧き上がってこなかった。


昨年の秋頃、いつも結婚をほのめかせてきていた彼女が唐突に 「私と結婚する気無いんだよね。」と聞いてくる。

藪から棒だなと思いつつ

「そりゃ、このまま結婚なんかしてもお互い嫌な思いしかしないんじゃない」

と素直に答えた。

「じゃあ地元に帰るね。」

それを聞いた時はやっとこの日常から抜け出せると喜んだ。


それから別れるまでの間はそれまでと特に変わらない日常を送り、その日を迎えた。

当日は彼女の親が引越しを手伝いに来ると言うから、お互い気まずいしなと思い午前中から俺は目的地もなく車を走らせて時間を潰した。

「もう荷物は全部出したから。それじゃあ。なんか寂しいな。」

そんなLINEを残して、彼女は去っていった。 彼女が使っていた部屋にはチリ一つ残っておらず綺麗なもんだなと間抜けなことを思っていた。

そこからは自由になった生活を満喫し、彼女こそできていないが久しく味わっていない1人の時間を過ごした。


つい先日、別れた日から連絡をとらなかった彼女からLINEがきた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
純猥談

純猥談 編集部

誰もが登場人物になったかもしれない、現代の性愛にまつわる誰かの体験談が純猥談として日夜集まってきています。様々な状況に置かれた人たちから寄せられた3000件を超える投稿の中から、編集部が選りすぐった傑作を公開していきます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

notkitasima #スマートニュース 29日前 replyretweetfavorite

junwaidan 【純猥談A面、公開しました】 彼女と別れて、1年半ぶりのセックスだった。相手はただの友人だった。 https://t.co/jmU98mOMBg https://t.co/Dl5KqlF5GW 約1ヶ月前 replyretweetfavorite