豪華なプレゼントなんてなくても、パートナーに愛を伝える方法

一流レストランでサービスマンとして働いていた黒ワインさんが、サービスの技術を恋愛のコミュニケーションに活かす方法を教える連載。長く連れ添ったパートナーに気持ちを伝えるのって、照れくさいこともありますよね。「特別なことをしなきゃ」と思うとなおさら、ハードルは上がります。では、どのように伝えるのがよいか? 「左利き」のお客様へのサービスの事例から教えてくれました。

恋愛の話になるとどうしても「ハレとケ」で言うところの「ハレ」にあたる話題が多くなりますよね。デートではこういうところに行くとうまくいく、贈り物にはこれを選ぼう、告白するのはこんな場所で……。

でも長く一緒に過ごす仲になると、そんな機会はどんどん減っていくように思います。付き合う前はいろんな贈り物をしてくれた彼も、今では休みの日は寝てるだけ、みたいなこともあるでしょう。

長く過ごす相手だからこそ、特別なことがしづらくなることもありますよね。「何を今さら」みたいな気恥ずかしさもあるかもしれませんし、年がら年中オシャレなレストランで食事をすることもできないでしょう。

では、日常の中ではパートナーにあなたの愛を伝えることはできないのでしょうか。いや、できます。というよりも、日常生活の中でしかできない、思いの伝え方があります。そんな話を今回はさせてください。

カプチーノの模様をさりげなく逆向きにする理由

レストランのサービスマンは、常にお客様のことを観察しています。

何か不自由はないだろうか、飲み物は十分足りているだろうか、食事のペースは問題ないだろうか。そんなことをずっと考えながら、テーブルの様子を遠巻きに伺っています。

飲み物を用意して、さぁ食事が始まるというとき、僕たちが必ず一点集中して見るものがあります。それは「左利きかどうか」です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
サービスが愛だと言うのなら

黒ワイン

かつて一流レストランでサービスマンとして働いていた、noteでも人気のクリエイター・黒ワインさん。cakesの連載では、サービスの仕事で培った「目の前のお客様を幸せにする」ためのスキルを、恋愛のコミュニケーションに活かす方法をお教えします。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gibbous_leo ▶️ ちゃんとわかって、受け取ることもまた、愛な… https://t.co/giONCwFyBu 11日前 replyretweetfavorite

kirakuni91 私に、何かできることはあるかな、は、いつも思い、考えます サービスは、すれば何でもいいわけでもなくて。 https://t.co/2kEF45PGRo 11日前 replyretweetfavorite