信頼できる弁護士との出会い

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変ななか、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。この連載では、『シングルマザーで息子2人を東大理Ⅰに 頭がよくなる「ルーティン」子育て』から、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、どのように考え、行動し、生活や受験勉強のサポートを行ってきたのかを紹介していきます。

第2章 シングルマザーの 決意

【モチベーション】離婚のゴタゴタの間は、感情を書き出してクールダウン

身近にいた離婚経験者の知り合いの女性から、「離婚を決めたら、親権を得るためには、子どもを絶対に手放さずに別居からはじめること」というアドバイスをもらっていた私は、実家に子どもを預けて荷物を運び出して、別居からスタートしました。
大企業に勤める夫がいて、二人の子どもにも恵まれて、広くてきれいな3LDKのマンション暮らしをしていた生活から一変。  
母子三人で新しく生活をはじめたのは、線路沿いにある築40年の2DKのアパートです。そこからの約2年間、離婚協議が終わるまでが、精神的に一番つらい日々でした。

安定した仕事に就いていない私が、息子二人を育て上げるためには、養育費が必要です。財産分与の話し合いもしなければなりません。  
ところが、元夫はこちらの要求をすんなりとは受け入れてくれませんでした。話し合いにも応じることがなく、「弁護士を通してくれ」と言ってきたため、私も弁護士を立てて、離婚に向けた協議を進めなければならなくなったのです。

といっても、何もかもはじめての経験でしたので、文書や資料のつくり方など、わからないことだらけです。先のことを考えると不安がどっと押し寄せてきます。  
幸せを夢見ていた結婚生活が崩壊したことを思うと、悲しみや不甲斐なさがわいてきて、自分を見失いそうになることもありました。

そんなとき、友人の紹介で、とても良心的で信頼できる弁護士との出会いに恵まれたのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シングルマザーで息子2人を東大理Iに 頭がよくなる「ルーティン」子育て

たかせみほ

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変な中、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。本書では、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、ど...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません