ネットでは無意識に「気を使わせる人」になってしまう

インターネットの普及はいいことばかりではありません。無意識に迷惑行為をしてしまうのもそのひとつ。そうならないために、林伸次さんがネットを使うときに決めている3つのルールとは?

簡単に迷惑行為ができてしまうインターネット

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

先日、僕のnoteの人生相談に、40代の女性から、「昔、すごくお世話になった70代の男性から、週に2回、彼の趣味のことについて書いたメールが届きます。どういう気持ちなのでしょう。どうすれば良いでしょうか」というメールが届きました。さて、その70代の彼の心の中はどういうことなんでしょう。

まず、「インターネットの普及」が大きな原因だと思います。インターネット以前なら、「週に2回、便せんに自分の趣味について書いた手紙を封書で、30歳下の女性に送る」とか「週に2回、30歳下の女性に電話をかけて、自分の趣味の話をする」とかだと、さすがにその70代男性も、「今、自分はすごく変なことをしている。これはどう考えても相手の女性も迷惑に違いない」って気づきますよね。

でも、メールって、インターネットって、簡単にそういう相手への迷惑行為ができてしまうし、それが変なことだとは気づかないんです。

70代っていうのもポイントですよね。僕も色々インターネットで粘着されたり、変なメールをいただいたりすることがあるのですが、申し訳ないのですが、やっぱりそういう人って「ヒマな人」なんです。「ああ、この人、ずーっとスマホをさわってて、ずーっとインターネットの中に住んでいるんだな」って感じの人ばかりなんです。仕事が忙しかったり、やりたいことや夢に向かって色んな努力をしている人は、そんなインターネットに張り付いている時間はないですよね。70代のその方、やっぱりヒマなんでしょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

caco3691 こういうことを「おじさん」が発信してくれることがうれしい。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

shizuchiru1 う……💦ほぼほぼ年下ばかりだから、本気で気をつけなきゃだ。自分の世界は自分で完結させるの、大事。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

shinoburun リアルでもネットでも気をつけよう。。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

otakesan_writer あー…。 これ、わたしも気をつけなきゃなぁ…。 毛利小五郎も、年下になる年齢になってしまったし。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite