新型コロナにかかった人が、どうして責められてしまうのか

日本では新型コロナに感染したり、何か事故にあったりしたときに当事者を責める傾向が他国よりも強いそうです。そうなったのは、あなたが悪いと。しかし、海外からみるとこの風潮はちょっと不思議に見えるのだそう。

コロナにかかった芸能人がお詫びしたり、責められるのを見ることがあります。マレーシアでも、自宅生活を守らずに感染を撒き散らした人が責められることはあれど、「病気にかかった人」がお詫びするケースは少ない気がします。

もちろん、ある程度は気をつけることで感染リスクを下げられると思うのですが、ロックダウンし、クラスター管理しているマレーシアから見ると、その難易度は高いように思えます。どんなに気をつけても、かかってしまう時はかかってしまう。

感染と本人の行いを結びつけるこの傾向は世界中にあるのですが、特に日本が高いという調査結果があります。

新型コロナウイルスに感染したら、「本人のせいだと思う」、「自業自得だと思う」と回答した人の割合が日本は他の国と比べて高いことがわかった。

この調査は、大阪大学の三浦麻子教授らの研究グループが3月~4月に、日本、アメリカ、イギリス、イタリア、中国の5カ国、それぞれ400人~500人の一般市民を対象に行った。

調査項目は、「新型コロナウイルスに感染した人がいたとしたら、それは本人のせいだと思う」、「新型コロナウイルスに感染する人は、自業自得だと思う」の2つ。

それぞれの質問に「1.まったくそう思わない」「2.あまりそう思わない」「3.どちらかといえばそう思わない」「4.どちらかといえばそう思う」「5.ややそう思う」「6.非常にそう思う」の6つから選ぶというもの。

「新型コロナウイルスに感染した人がいたとしたら、それは本人のせいだと思う」との質問に対して、日本では1~3の回答をした人の割合が84.75%、4~6の回答をした人の割合が15.25%との結果になった。一方でアメリカでは、1~3の回答をした人の割合が95.25%、4~6の回答をした人の割合が4.75%と「感染は本人のせいだと思う人」の割合が日本はアメリカの3倍以上となった。

他の国と比較しても4~6の回答をした人の割合が、イギリスは3.48%、イタリアは12.32%、中国は9.46%と日本が「感染は本人のせいだと思う」人の割合が一番高い結果となった。

日本は「新型コロナ感染は自業自得」と思う割合がアメリカの10倍…理由を大阪大教授に聞いた」より

これに対し、大阪大学の三浦麻子教授は、「理由はわからない」としつつも、

ただし、これまでに私が手掛けてきた「誰かの不運を何のせいだと思うか」を日米で比較した研究でも、一貫して日本において「誰かの不運をその人のせいだと思う」という傾向が高かったので、それとは整合している結果だなと思っています。

と話しています。そして、一つの可能性として、「公正世界仮説」という説を紹介されています。


「公正世界仮説」とは?

「公正世界仮説」とは社会心理学者のメルビン・ラーナーが提唱した心理的なバイアスで、「世界は公正である」と考える世界観なのだそうです。

日の当たらない場所であっても、地道に誠実に努力すれば、いつかきっと報われる、と言う考え方をする人は少なくありません。つまり「世界は公正であるべきだし、実際にそうだ」と考える人です。 『武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50』より

これだけみると、とてもいい考えのように思えます。
しかし、問題は、これが行きすぎると努力万能主義が出てくることです。

誰かが暴漢や痴漢に襲われてしまった時や、病気にかかってしまったときも、何の落ち度もないのにそのような理不尽な苦しみを受けるということは、人にとって不安であり、恐怖です。そこで、被害者に何か悪いところがあったに違いないと思うことで、安定が得られるのです。無闇な自己責任論にはこの公正世界仮説がある場合があります。
「なぜ苦しんでいる人をさらに批判するのか?「公正世界仮説」とは」より

これは非常に興味深い。

日本を外から見てて思うのは、「これは誰のせいか」をはっきりさせ、反省させたがる文化が強いということです。一方で、責任を追求し続けていくと、反対に最後はうやむやになっていくことも少なくありません。

実は私もにもこの傾向があり、何か悪いことが起きると、「誰が悪かったの」「何が原因だったの」と知りたくなります。

マレーシアにきたら、例えばレストランで注文ミスがあっても、交通事故があっても、責め立てられたりお詫びしたりなんてなしに終わってしまうこと、少なくありません。注文の仕方が悪いのか、ウエイトレスが聴き間違えたかとか、どうでもよくて「まあいいか」と曖昧に終わる。日本からきたかたが、「お詫びがない」と怒ることもありますが、そのうち慣れてスルーするようになることも。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
怒らない力—マレーシアで教わったこと

野本響子

編集者・ライターの野本響子さんがマレーシアで暮らし始めて感じたのは、日本にくらべて驚くほど寛容なマレーシアの社会。「迷惑は掛け合うのが当たり前」「怒る人ほど損をする」など、日本の常識からしたら驚くことばかり。 この連載では、そんなマレ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

red_chan_maki 「公正世界説」のポジティブな面はあれど(列に並んで待つとか顕著)、 「コロナにかかっても差別しない」を社内あちこちで聞いて安心して報告できる環境で働いてると、リスク管理の点でも科学的な視点を大事にしたいところ。 https://t.co/qHvSc8b8gZ 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

tadaima_Tomo 責任の所在をハッキリさせたい。その気持ちが強くなると時に生きづらさを感じてしまうんだよなぁ。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

AzumiKashi |野本響子 @mahisan8181 |怒らない力ーーマレーシアで教わったこと 「公正世界仮説」かぁ https://t.co/CtJeZmjzDN 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

kazyam3731 日本流"自己責任"の根っこにあるものを考える上でも、興味深い視点だと思う。 一方で、世界は決して公正ではないからこそ、理念としての「公正」が掲げられる必要があるのだろうと思いつつ。 https://t.co/3tVCoGVAZm 約2ヶ月前 replyretweetfavorite