純猥談

男女の友情なんて、誰かの我慢の上でしか成り立たない。

大学三年の秋、私は人生で初めて男女の仲良しグループができた。
中学の頃からの片思いを引きずる男友達と、彼氏との関係を断ち切れない女友達と、恋愛感情がまだ分からない私。バイト仲間だった。


大学三年の秋、私は人生で初めて男女の仲良しグループができた。

中学の頃からの片思いを引きずる男友達と、彼氏との関係を断ち切れない女友達と、恋愛感情がまだ分からない私。バイト仲間だった。


男友達が例の片思いしている子と海外旅行に行ったことが仲良くなるきっかけだった。

「泊まりで旅行なんて両想いじゃん。ちゃんとゴム持って行きなよ。でもまだ童貞キャラ貫いて欲しいけど」

「あの子は思わせぶりだから、実際何も起こらないと思うけど」

「お土産楽しみにしてるね」

旅行前にこんな会話を彼としていた。

だけど日本に帰ってきた彼は旅行後とは思えないほど落ち込んでいて、 「本当に何も無かった」と私に告げた。 だから、バイト先の近所の公園で反省会という名の飲み会をした。


私と女友達と彼、三人でいつメンなんてグループLINEも作った。

「勉強会」とか「飲みに行こうよ」とか「遊ぼうよ」とか、いろんな理由で三人で出かけた。

失恋した後は一人でいたくないから、遊びたかったらしい。

三人でいるのは当たり前になっていた。
毎日のようにバイトで顔を合わせ、暇な時はチャット。さらに時間があれば出かけた。


三人で二泊三日の旅行にも行った。

男っぽい女友達と彼は、夜には下ネタで盛り上がるようなノリで、私だけ仲間外れ。

「私だけ付いていけない」

「お前はピュアだから分からないままでいいの」

そこで女友達は「過保護かよ」とつっこむ。


旅行前に、女友達から「彼のことが好き」と言われていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
純猥談

純猥談 編集部

誰もが登場人物になったかもしれない、現代の性愛にまつわる誰かの体験談が純猥談として日夜集まってきています。様々な状況に置かれた人たちから寄せられた3000件を超える投稿の中から、編集部が選りすぐった傑作を公開していきます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hakase27 名前にそそられて無料の時だけ読んでるんだけど、けっこう面白いんだよ。名前変えたほうがいいかも。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

sabochin こういうの読む度に「成り立つやつは成り立つし成り立たんやつは成り立たんし君が成り立たんだけ」ってなる 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

s_minamino |純猥談 編集部 @junwaidan |純猥談 約2ヶ月前 replyretweetfavorite