データ階層社会#13】欧州 GDPR制裁金の行方

「多額の制裁金が科される第1号案件は、どの企業になるのか」 ──。目下、世界のIT・法律関係者の間で話題になっているのが、GDPR(一般データ保護規則)の制裁対象として、どの企業が最初の〝血祭り〟に上げられるかだ。

 「多額の制裁金が科される第1号案件は、どの企業になるのか」 ──。目下、世界のIT・法律関係者の間で話題になっているのが、GDPR(一般データ保護規則)の制裁対象として、どの企業が最初の〝血祭り〟に上げられるかだ。

 2018年5月のGDPR施行後、英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズでの約38万件の顧客情報流出、フェイスブックでの2900万人の個人情報流出などが、すでに明らかになっている。

 「欧州の当局は見せしめ的に制裁を科すことがある。何も起きなければ肩透かしだ」。PwCコンサルティングの山本直樹パートナーが指摘するように、欧州の動きに世界が注目している。

 EU(欧州連合)が個人情報の保護を目的に施行したGDPR。これまでにない厳しい個人情報の保護をうたい、人権への意識が高い欧州ならではの内容が特徴だ。中でも注目されているのが制裁金の大きさだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません