データ階層社会#11】国家や人権は「虚構」ハラリ氏大著を読み解く

人類の過去についての物語である『サピエンス全史』に続き、その未来についての物語を『ホモ・デウス』で描いたユヴァル・ノア・ハラリ氏。2つの大著に通底するその問題意識について、両著の翻訳を担当した翻訳家の柴田裕之氏に聞いた。

 人類の過去についての物語である『サピエンス全史』に続き、その未来についての物語を『ホモ・デウス』で描いたユヴァル・ノア・ハラリ氏。2つの大著に通底するその問題意識について、両著の翻訳を担当した翻訳家の柴田裕之氏に聞いた。

 読書の魅力は自らの先入観や固定観念、常識が覆され視野が広がることだが翻訳も同じだ。私は『サピエンス全史』『ホモ・デウス』両著の翻訳を通して、そうした体験を繰り返した。

 『サピエンス全史』はかつてアフリカ大陸で細々と暮らしていたわれわれ現生人類(サピエンス)が、21世紀までたどってきた道のりを振り返る。サピエンスが地球を支配するに至ったのは、多数の見知らぬ者同士が協力し、柔軟に物事に対処する能力を身に付けたからだと著者は言う。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません