純猥談

好きな人じゃなくてもできるし、したからって好きにもならない。

「好きな人じゃなくてもできるし、したからって好きにもならない。」
実に私だと思う。 セックスをする相手は選びはするけど、かと言ってその人を好きかと聞かれたら困る。


「好きな人じゃなくてもできるし、したからって好きにもならない。」

実に私だと思う。

セックスをする相手は選びはするけど、かと言ってその人を好きかと聞かれたら困る。
セックスをしてる相手に好きだと言われたらもっと困る。

付き合おう、って言われたらどうするだろう。 体を重ねて睦み合って、相手の部屋に馴染んで来たこの体にももちろん情はある。

でも、好きではない。たぶん。


そもそも、セックスをし始めた動機が不純だった。

ネットで暇つぶしに読んだ漫画で、主人公が夢破れてヤケになって吸ったことのないタバコを吸おうとしていた。それを隣の部屋に住む年上男性が止める。

「あなたの歳になるまであなたの人生に必要なかったものは、これからも必要ない」

そう言って止める。

主人公はたしか二十五歳。私は二十四歳だった。


二十四歳の私は恋愛経験がなかった。

三年片思いしては気持ちが自然消滅していく片思いのプロではあったけど、付き合ったことはなかった。

当然、セックスをしたこともなかった。

このまま二十五歳になったら、「誰かと付き合うということ」が私の人生には必要ないことになるんだ。
このまま二十五歳になったら、セックスも私の人生には必要ないものになるんだ。

物凄い焦りが心を突き抜けていった。

世の中の人が人生の甘みとして享受し、溺れ、耽るあの行為が私の人生には必要ないものだと切って捨てられるのか。秘密の世界、快楽の頂点、生きる醍醐味ともいえるあのセックスを。

何にしても、単純に経験しておきたかったのだ。みんなが楽しむことを私も楽しみたい。


人と付き合うことよりもセックスをしてしまう方が簡単だった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
純猥談

純猥談 編集部

誰もが登場人物になったかもしれない、現代の性愛にまつわる誰かの体験談が純猥談として日夜集まってきています。様々な状況に置かれた人たちから寄せられた3000件を超える投稿の中から、編集部が選りすぐった傑作を公開していきます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません