2つの教育方針

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変ななか、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。この連載では、『シングルマザーで息子2人を東大理Ⅰに 頭がよくなる「ルーティン」子育て』から、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、どのように考え、行動し、生活や受験勉強のサポートを行ってきたのかを紹介していきます。

第1章 ぶれない子育ての大原則

【生活のしつけ】「迷ったときはお母さんの顔を思い出して」と言える親に

「家は途中で建て替えられるが、教育はあとから組み替えたり、付け足したりはできない」
これは嫁ぎ先の義理の母が教えてくださったことばで、息子二人が東大生になった今、改めてその意味を実感しています。  
私は、教育には2つあると思っています。
ひとつ目は、常識やマナーを身につけて、善悪の判断ができる人間に育てる教育。  
2つ目は、社会で生きるために必要な知識や判断力を身につけるために、学力を身につけさせる教育です。

ひとつ目については、幼児期の頃から繰り返し教えてきました。  
人に迷惑をかけない、嘘をつかないということに関しては、幼児期の頃からイヤというほど言い聞かせてきました。やっていいことと悪いことの判断に迷ったら、「お母さんを悲しませるようなことはしないで」と伝えました。

人に会ったら必ず挨拶をする。食事のときは音を立てて食べない。箸は正しく使う。和食、洋食など料理に合わせた行儀作法を守る……。  
こうした常識やマナーも、一度、間違った習慣が身につくとなかなか直りません。ですから、小さいうちに体で覚えさせることが大事です。

また、家で食事するときは、お皿を出したり運んだりお手伝いするのも息子たちの役目です。食べ終わったあとのお皿も、必ず台所まで運ばせました。小学校高学年の頃からは、お皿洗いやお風呂の掃除もたまにやってもらうようになりました。  
何もわからない子どもに、将来、自立するための生活習慣と人として恥ずかしくないマナーを身につけさせるのは親の役目ですから、そこは徹底しました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シングルマザーで息子2人を東大理Iに 頭がよくなる「ルーティン」子育て

たかせみほ

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変な中、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。本書では、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、ど...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Pii_gna145 ↑これ違和感すごくて特にこの箇所 「字を知らな… https://t.co/OBiYW20ZXy 約2ヶ月前 replyretweetfavorite