データ階層社会#10】『ホモ・デウス』著者が警告 究極の階層社会が来る

AIを味方につけるのか、それとも敵に回すのか。その立ち位置を決めることは、自らの仕事や生活の未来を見通すうえで決定的に重要になる。

AI活用のビジネスにはまやかしが多い

早稲田大学 ビジネス・ファイナンス研究センター顧問・野口悠紀雄

 AIを味方につけるのか、それとも敵に回すのか。その立ち位置を決めることは、自らの仕事や生活の未来を見通すうえで決定的に重要になる。勝ち負けの選別や格差の拡大はこれまでにないほど激しくなる。私はAIを味方につけたい。そのためには、AIが実際は何をどこまでできるのかを知ることが欠かせない。

 多くの人はAIが高度なもので自分の仕事や生活には関係ないと判断しがちだが、それは違う。確かにAIによってなくなる仕事はあるだろうが、人間の仕事がすべて奪われるわけではない。たとえば掃除は一見単純だが、AIでは代替できない。同じ紙切れでも、重要なメモなのか紙くずなのかは当人にしかわからないためだ。

 過小評価すべきではないが、イメージだけで過大評価するのも問題だ。ちまたではAIを活用した新ビジネスがもてはやされるが、まやかしのようなものも少なくない。フェイスブックやグーグルのように無料でサービスを提供し収集したビッグデータの有無が真贋を見分ける基準となる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません