ちゃちなラブホの宇宙で、欲望に支配される快感

時田桜さんのラブホレビュー、今回は少し足を延ばして、相模原のラブホです。普段は負けず嫌いの時田さんが、宇宙のようなラブホでの行為中に負けたものとは――。

負けず嫌いだね、と昔から言われることが多かった。私は、そう言われるたびに、首を捻ってきた。負けるのが嫌いなんて当たり前じゃん、と。勉強も運動も恋愛も。男にも女にも誰にだって、負けたくはなかった。もちろん、勝てないことはたくさんあるけれど、勝てないとわかっている場所では勝負したいとは最初から思わなかった。私はただ、踏ん張れば勝てると思ったところで、力を入れて踏ん張り続けてきただけだ。それって当たり前でしょう?

私の中で、「当たり前」が覆されたのは、二〇二〇年五月のことだった。その頃、感染症が日本中に広まっていたせいで、私は三ヶ月以上もの間、大好きなラブホテルに行けていなかった。誰にも会わず、一人家の中で、オンライン授業と就活のエントリーシートとに格闘する日々。憔悴しきっていた私が、やっと、久しぶりにラブホテルに行ってみようと判断できたのは五月の終わりで、いつも一緒にラブホ巡りをする男の子に「気分転換にラブホテルに行こう」とLINEを送ると、「いいね」と返事がかえってきた。

電車に揺られて相模原まで行ったのは、宇宙がコンセプトのラブホテルに行ってみたかったからだ。なんとなく、宇宙のラブホテルにいけば、今の生活の気分転換になると期待していた。海や空、スカイツリーの展望台からの東京の街、あまりにも広大なものを目にした時、私は自分がちっぽけだと感じることができる。ちっぽけな存在になるっていうのは、全然嫌な気分じゃない。むしろ、良い気分だ。私の悩んでいることは、なんて小さなことなんだと安心できるし、同時に、小さいけれどこの大きな世界の一部であることをも実感して、嬉しくなる。引きこもりの生活をしていた私は、広大な宇宙を感じることのできる場所を求めていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ラブホはわたしのワンダーランド

時田桜

ラブホに魅せられ、ラブホの虜になってしまった大学生の時田桜さん。時田さんが、そんな「ラブホの素敵が詰まった要素」をとにかく書き連ねるのが本連載。毎週1つラブホテルを訪れ、「素敵」をレビューします。「cakesクリエイターコンテスト20...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

owwwl_sumori283 https://t.co/95wEfLtvAh 何とは言わないけどフフ…ってなった🌕🌎 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

granat_san 「満室表示がされている部屋のうち、半分くらいは清掃中だということだ」知らなかった。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

tesnacon そうなんだよ、好きな人に負ける快感ってあって、私も今の恋人と関係を持ちはじめてから知った https://t.co/X9rAjTe1Yl 約2ヶ月前 replyretweetfavorite