データ階層社会#8】顧客評価で事実上の解雇も ウーバー流格付けの熾烈

米シリコンバレーが人間の働き方を一変させる時代にあって、筆頭に挙げられるのが、米ライドシェア最大手ウーバー・テクノロジーズのデジタル格付けだ。

 米シリコンバレーが人間の働き方を一変させる時代にあって、筆頭に挙げられるのが、米ライドシェア最大手ウーバー・テクノロジーズのデジタル格付けだ。

 乗客は、サービスを利用すると、満足度を星1~5つで格付けするようアプリで促される。運転手のプロフィールには、直近最大500回分の格付け平均値が表示される。いわば、アルゴリズムによる「勤務評定」だ。

 同社は、運転手を雇用契約に基づかない「個人請負」と見なし、自由な働き方を喧伝する。だが実際は、平均格付けが一定値を下回り続けると、運転手のアカウントは「非アクティブ化」され、アプリの一時使用停止など、実質的な停職や解雇につながることもある。

 ニューヨークの「データ・アンド・ソサエティ(データと社会)」研究所で働くアレックス・ローゼンブラット氏は、格付け制度は運転手の行動を監視するための「管理ツール」だ。ウーバーは、星の数次第では「懲戒処分もありうることを、アルゴリズムで運転手に再確認させる」と語る。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません