データ階層社会#7】経験や勘は古い? 誕生目前のAI刑事

トム・クルーズが主演し、スティーヴン・スピルバーグが監督した2002年公開のハリウッド映画『マイノリティ・リポート』。未来の警察が舞台の同作品の中で、こんな一幕がある。

 トム・クルーズが主演し、スティーヴン・スピルバーグが監督した2002年公開のハリウッド映画『マイノリティ・リポート』。未来の警察が舞台の同作品の中で、こんな一幕がある。

 「24分13秒後の午前8時4分に殺人が発生する。被害者はサラ・マークスとドナルド・ドゥービンのカップル。加害者はハワード・マークスという白人男性。犯行場所は不明」

 予知能力者「プリコグ」が、近く起きるであろう殺人事件を予告するシーンだ。トム・クルーズが演じる犯罪予防局の刑事は事件の直前に現場に赴き、白人男性による殺人を阻止する。プリコグを使った犯罪予知システムにより、「2054年のワシントンDCの殺人発生率はゼロになった」という世界を映画は描いている。

 未来に起こる犯罪を予言する ──。こんなSFのような取り組みが、現代の先端テクノロジーであるAIによって、実現に向かいつつある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません