天下無敵のゆるカワ神仏098「円柱狛犬」

ヘンな形の目利きにして脱力系エッセイの名手が、丸4年かけて日本各地の路傍から超弩級のゆるカワ神仏323体をスカウトした『ニッポン脱力神さま図鑑』。コロナのせいで出版延期となるも、5月27日にようやく発売! それを祝って、 ゆかいな神さまたちが毎日交代でお出ましくださいます。 笑える! なごめる! コロナ疲れを吹っ飛ばす! 迫力のおもしろ神仏に、あなたもユルユルにされちゃってください。

柱の上で笑ってる⁈

円柱の上に鎮座。かなり磨耗していて、口だけの塊のようになっている。だが存在感は大きい。これだけ大きくても脚は絶対くり抜かない。

この肥前狛犬が坐すのはココ!

と言いたいところですが、盗難防止のため、場所の掲載は見合わせます。

肥前狛犬とは?

肥前狛犬は、佐賀や長崎周辺で見られるシンプルな狛犬である。一般的な狛犬とはかけはなれたその小さな姿には、いわゆるヘタウマ絵の世界に通じるかわいさがあって、見るものはつい微笑んでしまう。


ええっ! 本書の根幹が覆る衝撃の結末…
脱力神さまの裏話をたっぷり聞ける2時間!

東京カルチャーカルチャーのオンラインイベント『ニッポン脱力神さま図鑑ナイト~リモート番外編』が、9/27(日)までアーカイブ視聴できます。

本書では泣く泣く割愛した写真を多数お蔵出し! 聞き手は、デイリーポータル編集長の林雄司さんとイラストレーターべつやくれいさんという超豪華な布陣。そして、著者大ショックの衝撃の結末が……。ぜひお聞き逃しなく。

詳しくはツイキャスのサイトで。



詳しくはこちら!


インスタキャンペーンやってます!
ユルいグッズがもらえるかも?


詳しくはこちら!

こんな姿の神仏もありなのか! 超弩級のゆるカワ323体が史上空前の大集結

この連載について

初回を読む
ニッポン脱力神さま図鑑』の今日の神さま

宮田珠己

こんな姿の神仏もありなのか! ヘンな形の目利きにして脱力系エッセイの名手・宮田珠己が、構想・取材に丸4年をつぎ込み、日本各地の路傍から超弩級のゆるカワ神仏323体をスカウトした『ニッポン脱力神さま図鑑』。コロナのせいで延期となる...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません