フランスの妊婦が、お腹の目立つ服を着る理由

治療を経て、めでたく妊娠することができた中村綾花さん。自分が妊婦になってみると、これまでは気づかなかった日本とフランスの妊娠生活の違いがあることがわかってきました。まず、フランスの妊婦はみなすごく堂々とした印象。それは何故かと考えてみると、2つの理由が浮かんできました。

フランスの妊婦が堂々として見える理由

フランスで体外受精にトライして、なんとか妊娠することができたのが前回までのお話。

妊活以前の病気の治療を経て、ようやっと妊娠までこぎつけたものの、今度は手放しに喜んでいられない妊婦生活がスタートしました。もともと子宮の病気があったことに加え、妊娠がわかってすぐに何度か出血があり、無事に出産できるか、恐さと不安で泣きながら病院の緊急へ行く日々がつづいていました。

妊娠できずに悩んでいた時は、大きなお腹を抱えた妊婦さんを見ると、全身から溢れるハッピーオーラが眩しいやら羨ましいやらで、直視できないほどでした。きっと、自分が欲しくても手に入れられないもの に「完全無欠な幸せ」の形を見いだしていたからでしょう。

しかしいざ自分が妊娠してみると、現実はそんなにファンシーではなく、幸せに包まれてばかりではいられない面もたくさんあることがわかりました。

安定期に入るまでの最初の数ヶ月は、このまま育つか不安すぎて、友人どころか日本にいる家族にすら妊娠を報告せず、ビクビクしながら1日1日を迎えていました。

そんな私とは対照的に、フランスで見る妊婦さんたちはどうも堂々としている、というか貫禄すらあるように見えてしょうがありませんでした。一体これはなぜなんだろう……?

前置きが長くなりましたが今回は、日本とフランスの妊婦さんの違いについて、私なりの考察を紹介してみようと思います。

フランスの妊婦は、妊婦服を着ていない

フランスの妊婦さんたちを見て、日本との違いに驚く点は、なんといってもファッションです。

日本で妊婦さんが着る服といえば、ゆったりとしたワンピース。お腹を覆い隠して、目立たないようにするスタイルが主流の印象があります。ところがフランスでは、ぴっちりとボディーライン(というかお腹)がでる服を着ている人が多く、なんならヘソ出しルックなんて強者もいるのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

123788956bbn めっちゃ子供や妊婦さんに席譲りたい人間なのにこの前、目の前に立ってる妊婦さんに降りる直前… https://t.co/NHn9cw4pq7 約2ヶ月前 replyretweetfavorite