長谷川踏太(クリエイティブディレクター)→渡辺 明(棋士) Vol.3「人間はコンピュータに敵わないんですか?」

今回のインタビュアーは、イギリスを拠点にするクリエイター集団tomatoのメンバーとして世界的に名を馳せ、現在はワイデン+ケネディ東京のエグゼクティブ・クリエイティブディレクターとして、広告を中心にさまざまな分野のデザインを手がけている長谷川踏太さん。そんな長谷川さんがインタビュー相手に指名したのは、15歳でプロデビューし、弱冠20歳で将棋界のビッグタイトル・竜王位を獲得した天才棋士・渡辺明さんです。一見意外にも思える組み合わせですが、将棋界の未来を担う渡辺さんに、長谷川さんがいま聞きたいこととは果たして?

人間はコンピュータに敵わないんですか?

Q. 先日開催された電王戦で、ついにコンピュータがプロ棋士に勝ちましたが、やっぱり人間とコンピュータでは将棋の考え方などもだいぶ違うものなんですか?

渡辺:判断基準などはそんなに大きく変わらないんですが、決定的な違いは、コンピュータにはミスがないということです。プロの棋士でも絶対にミスというのはあって、対局というのは、そのミスの量を競っているようなものなんですよ。当然ミスが少ない方が勝つわけですけど、ノーミスでいくということはプロの世界でもほぼないんですね。でもコンピュータにはそのミスがない。そうなってしまうと、果たして何を競うのかという話にもなってくるんですよね。例えば、いくら暗算が得意な人でも、コンピュータと延々と勝負していたらいつか絶対ミスしますからね。


長谷川さんが過去に雑誌の連載のために開発した3D将棋。

Q. あのアルゴリズムにはプロの棋士のアドバイスなども反映されているんですか?

渡辺:アドバイスなどはしていません。昔のコンピュータには明らかにいびつな手というのがあったんですけど、最近は対局を見ていてもコンピュータが指しているということがわからなくなってきていますね。今後さらに精度が上がってくるみたいなので、そうなった時にどこを突いていくのかというのはなかなか難しいですよね。

Q. やがてチェスのように完全にコンピュータが人間に優ってしまうんですかね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
いま、僕たちが話を聞きたい人

カンバセーションズ

インタビュアーという存在にスポットを当てるこれまでにないインタビューサイト「QONVERSATIONS(カンバセーションズ)」。毎回異なるクリエイターや文化人がインタビュアーとなり、彼らが「いま、本当に話を聞きたい人」にインタビューを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード