晩夏のいまが一番おいしいサツマイモで、最高の大学いもをつくる

一番おいしいサツマイモが出回る今の時期にこそ作りたい「大学いも」をご紹介します。外側はカリっと中はホクホクに仕上げるために、通常のレシピにはない一工程を加えています。ぜひお試しください!

今日はリクエストがあった〈大学いも〉の作り方をご紹介します。大学いもにはカリカリの飴を表面にまとわせた関西風(中華ポテトといいます)と、とろりとした蜜がかかった関東風の二つがありますが、今回は関東風。材料はシンプルですが、加熱して、冷まして、また加熱したり、とやや工程が必要な料理です。

「サツマイモといえば秋なのになんで今頃作るの?」と思われるかもしれませんが、実は今、スーパーで売られているサツマイモを使うと最高においしくできるのです。

大学いも

材料

サツマイモ…1本(300g程度)

蜜  
 みりん…100cc  
 酢…小さじ1/4  
 砂糖…大さじ3  
 醤油…小さじ1  
 白ごま…適量


1.サツマイモは洗ってから乱切りにし、流水に1分ほどさらす。鍋に入れてひたひたの水(600cc)を注ぎ、中火にかける。沸騰したら弱火に落とし、10分間茹でる。重ならないように広げ、30分以上表面を乾かす。

2.小鍋にみりん、砂糖、酢、醤油を入れ中火にかける。3〜4分沸かし、泡が小さくなったら火を止めて冷ます(氷水にあてるとすぐに冷める)。ゴムベラでかき混ぜて濃度を確かめる。さらりとしすぎていたら再び火にかけ、煮詰める。ベタベタするようでは煮詰めすぎなので、水を足して再び火にかける。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tear_dream 今の時期に出回ってるさつまいもは去年のいもなので特に甘いのです。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

SK7FISH https://t.co/PYWerAkb1T しらなかった… 3ヶ月前 replyretweetfavorite

shanonim @n_atmark 晩夏の芋はいちばん美味いらしい😎 https://t.co/F0SaLtVFeV 3ヶ月前 replyretweetfavorite

szst_t https://t.co/YFiLKVF4gY 大学芋食べたいな…… 3ヶ月前 replyretweetfavorite