旨味と香ばしさを爽やかな辛いソースで食べる「えびのピリピリグリル」

今年の夏も終わりが近づいてきました。今回は残暑の今だからこそ食べたい、ピリっと辛い海老とさやいんげんのグリルをご紹介します。オーブンでもフライパンでも作れるこの料理。ぜひお試しください!

cakes読者のみなさま、こんにちは。

蝉の声に秋の虫の声が混じりだし、店先に並ぶ果物の種類が変わり、朝晩は日ごとに涼しくなる。毎年9月になると日々そんな感じですね、だってもう夏の終わりだから。それはよく分かっているけれど、でもあと少し、ぎりぎりまで去っていく夏を惜しみたい。汗をかきつつ辛いものを食べるというならではの体験も、あと少しだけ楽しみたい。だってまだかなり暑いし。そう、残暑が厳しいと妙に嬉しいのも、きっと夏が終わる寂しさを、先延ばしにしたいからかもしれません。ああ、寂しいなあ、夏のおーわーりー。そういえば、そんな歌もある。

ということで、今回ご紹介するのは辛い料理。「えびのピリピリグリル」です。

ピリピリとは、ポルトガル語で唐辛子の意味。この連載でも既にご紹介しているチキンピリピリのソースを、殻付きのえびに絡めてグリルしました。この料理は、ぜひ殻付きのエビで作って欲しい。殻はむかないで! だって殻を付けて焼くことで、甲殻類ならではの香ばしさやうま味が楽しめるから。エビの種類は、手に入れやすいバナメイやブラックタイガーで十分です。

このピリピリソースは、ヴィネガーの酸味が隠し味。食べる直前にすだちやレモンなどの柑橘をしぼって、辛いけど爽やかにいただきます。一緒に焼く野菜は、旬のものなら大抵なんでもいけます。今回はさやいんげんですが、たとえばもうすぐ終わるトウモロコシは、甘味があるので辛いソースと相性がいい。そしてこの料理に合わせるのはもちろん、ポルトガルのヴィーニョヴェルデです。

では、パパッと作っていきましょう。

Menu do dia 本日のメニュー

「エビのピリピリグリル」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

bako おいしい! https://t.co/xcNgqlV6cS 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

gohstofcain こちらのレシピを参考にしました〜。食後に甘いぶどう🍇食べてる🐸 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

chiruko_t 作ろう( ・`ω・´) 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

agyrtria きゃーきゃー、旨そう⇨ 約2ヶ月前 replyretweetfavorite