食べると喉がヒィー! 食用なのに毒をもつ貝を食べてみた結果

連載再開となりました「野食ハンターの七転八倒日記」。今回、茸本朗さんが挑戦するのは、「イボニシ」という貝を使って調理する「冷や汁」です。全国各地に棲息し、海の岸壁へ行けば簡単に見つかる貝ですが、一部の地域では「ニシ汁」として親しまれているそうです。はたして、そのお味はいかに!?

ご無沙汰しております、茸本です。

残暑が厳しすぎる毎日ですが、みなさまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか。ぼくは相変わらずヘンなものを採っては食べ、その美味に酔ったりマズさにうなされたりという変わらない日々を過ごしています。

さてこの度、またcakesでぼくの「七転八倒」な日々をご紹介できることになりました……って言うとカッコよく聞こえますが、要はさぼるのをやめてマジメに連載を再開する気になったというだけのことですが……。

以前同様、市井のみなさまにはほとんど役に立たないような「野山の食べログ」レポートを披露してまいりたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。


冷や汁ってご存じですか?

さて、再開一発目のネタは「残暑の時期にふさわしい」冷製料理について取り上げたいと思います。

みなさまは「冷や汁」という料理をご存じでしょうか。


おいしそう

ほぐした焼き魚と香味野菜、その他豆腐などの好きな食材と味噌を冷たい水に溶いて作る「冷たい味噌汁」です。
冷たい味噌汁と聞いてちょっと意外に思われる方もいるかもしれませんが、これが実にうまい! 氷でキンキンに冷やした冷や汁はのど越しが良く、出汁の美味しさを強く感じられ、猛暑で夏バテの真っ最中でもバクバク食べることができます。
そのまま食べても美味しいのですが、ご飯にかけて食べると更に一段上の味わい。

冷や汁は宮崎の郷土料理として知られますが、全国各地に似たような料理が残っています。少し変わったところでは、山形県では干し貝柱などの乾物で出汁をとり、味噌ではなく醤油で味をつけたものを野菜にかけて食べる「冷や汁」があるそうです。焼き魚ではなく生の魚のミンチを溶かすものもあり、千葉・房総半島では「水なます」と呼ばれます。


本当に美味い

このように、調理法こそいろいろあれど「魚介類の入った冷たい味噌汁」は全国的に存在し、基本的に美味い、ということが言えるでしょう。


愛される名物料理なのに美味しくない!? 「ニシ汁」を作ってみる

さて、そんな冷や汁系料理の中でもとりわけ「特異的」なレシピが、神奈川県逗子市周辺に伝わっています。石原裕次郎と「太陽の季節」で知られる逗子は、高級住宅地でありながら鄙びた漁村でもあるという二面性を持っています。その漁村地域で古くから伝えられてきたこの「冷や汁」は「イボニシ」という貝を使って作ります。

イボニシはスーパーや魚屋で売られることはまずない貝ですが、決してマイナーな存在ではありません。むしろ海の生物としては極めて普遍的で、全国各地に棲息し、海で遊んだことがある人なら必ず見かけたことがあると思われます。採取するのは極めて簡単です。

それでも「この貝を使った料理がある」と知った時は個人的には結構びっくりしました。なにせ小さいし、見た目にも美味しそうでもなく、食用にするなんて想像したこともなかったからです。しかもその料理、「ニシ汁」というのですが、作り方を調べてみるとそれがまたファンキーなことこの上ないのです。
これはやってみるしかない、そう思い、トライしてみました。

まずは海にいき、イボニシを採取します。


殻の色が紫がかっており、イボイボがある

イボニシはこう見えて獰猛な肉食貝であり、とくにカキが大好き。そのためカキがたくさん貼りついている岸壁に行くと簡単に採取できます。


岸壁や岩のくぼみに固まって貼りついている

道具は必要なく、素手で簡単に採取できますが、なにぶん小さな貝なので根気よく丁寧に拾い集める必要があります。両手にいっぱいくらい採れば、一人分の材料としては十分だそう。
なお、ときに殻長が3㎝程もある大物がいますが、これは「レイシガイ」という別種の可能性が高いです。レイシガイも食べられる貝ですが、ニシ汁には使えません。


あっという間にこれくらいは集まる

さて、ニシ汁の調理のユニークな点として「火を使わない」というものが挙げられます。イボニシは水質の悪い場所にも生息していますが、生食することを考えればできるだけ水のきれいな外洋に面したところで採取したほうがいいでしょう。

採ってきたイボニシは、新鮮なうちに殻ごとつぶします。


ペキっとね

ペンチか金槌を使ってつぶすのが簡単です。つぶした瞬間に身がギュっと動くくらいイキの良いものを使うのがコツ。

つぶしたものをボウルに入れ、上からミネラルウォーターを注ぎます。


殻ごと入れる

そのまま揉みこむようにしてエキスを溶かし出します。しばらく漬けた状態で放置しておくといいようです。


徐々にエキスが紫に変化し、食欲のなくなる色に……

その間に味噌をアルミホイルに塗ってオーブンで軽く焼き、


直接コンロの火であぶってもいいです

すりごまとともにねり、ペースト状にします。
ここに先ほどのエキスを注ぎ入れてよく混ぜれば、完成。


不穏な味噌汁

炊き立てのご飯にかけていただきます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
野食ハンターの七転八倒日記

茸本朗

「野食」とは、野外で採取してきた食材を普段の食卓に活用する活動のこと。 野食ハンターの茸本朗さんは、おいしい食材を求めて日々東奔西走。時にはウツボに噛まれ、時には毒きのこに中毒し、、、 それでも「おいしいものが食べたい!」という強い思...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

himeya915 痛く感じる理由が辛さでなく神経毒?Σ(Д゚;/) 8日前 replyretweetfavorite

konpyu ええ〜 なかなか上級者向けな.....一品..... 12日前 replyretweetfavorite

hanekoneko これってニガミナって呼んでるやつだよね?あれ?ニガミナってどこまで通じるのか? |茸本朗 @tetsuto_w |野食ハンターの七転八倒日記 https://t.co/egl454E0ZJ 13日前 replyretweetfavorite

tennis223 絶対に食べたくないw 13日前 replyretweetfavorite