純猥談

男性経験が増えていくにつれて、私の心は一つ一つ丁寧に死んでいった。

朝目が覚めたホテルでは、窓からセミの鳴き声が聞こえていた。
好きと性行為が結びつく女の子っていいなと思う。 好きな人としかできない、ありえない。 こんな言葉を周りからもよく聞いていた。


朝目が覚めたホテルでは、窓からセミの鳴き声が聞こえていた。


好きと性行為が結びつく女の子っていいなと思う。

好きな人としかできない、ありえない。

こんな言葉を周りからもよく聞いていた。

それだけ今まで、清い人間関係に囲まれて生きてきたんだろう。

生憎、私の人間関係はそう清くはない。

好きじゃなくてもキスや性行為をできる人は、この世の中に沢山いる。

よくある話で、私はその「好意のない性欲」をぶつけられることが度々あった。


初めてそれを経験した相手は、二年前に好きだった男の子。


大学一年の時に好きだった彼は、 あっさりと私の心から清さを奪っていった。

たまたま被った授業で席が前後だったのがきっかけだったと思う。 話してみるとノリも趣味も合うので、 私が彼に惹かれるのにそう時間はかからなかった。


何回目に彼と遊んだ日だろう。

多分、初めて一緒に美術館に行った日。
季節はもう冬になっていて、その年の初雪が降ったあの日。

ふと、彼が帰りの車の中で 「俺のこと思ってくれる人なんていないよ」 なんて呟くから、とっさに

「私は好きだよ」

と言う予定ではない本心を伝えてしまったのだ。

本当に伝えるつもりはなかった。

なぜなら、私と彼はあくまでも友達であると知っていたから。

少し間が空いて彼が言った「ありがとう」に 私は驚かなかった記憶がある。

彼は好きな女の子に「ありがとう」なんて曖昧な返事をする人ではない。

車内はどんどんと冷たくなっていく。

もう少し楽しめば良かったな、何で言っちゃったんだろうと、少し自分を責めながら、 私は窓の外の初雪を眺めていた。


「キス、してもいい?」

流石に気まずいなと思いはじめていた頃、 彼は私に言ってきた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
純猥談

純猥談 編集部

誰もが登場人物になったかもしれない、現代の性愛にまつわる誰かの体験談が純猥談として日夜集まってきています。様々な状況に置かれた人たちから寄せられた3000件を超える投稿の中から、編集部が選りすぐった傑作を公開していきます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kokokoichiko いつもいつも胸がウワーーーッとなる読了感。いつも最高の文章です。最高 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

m______ro06 https://t.co/IXu6hC2RsA 約2ヶ月前 replyretweetfavorite