海外で仕事を探す【第2回】ソーシャルメディアを使いこなせ

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさんが、日本でしか生きられないと思っているあなたの常識を打ち破る痛快コラム。世界的にSNSが普及している今日、求職活動でもSNSの活用は必須。MayRomaさんが海外での求職活動のためのソーシャルメディア術を教えます。

海外で仕事を探す際には、ソーシャルメディアがかなり重要なツールになります。なぜこのようなソーシャルメディアが重要かというと、転職の頻度が多い国では、人事採用のコストをカットする目的で、ソーシャルメディアをヘッドハンターや人材派遣会社の代わりに使用しているからです。

ソーシャルメディアを使用している人が増えているので、わざわざ高いお金を払ってヘッドハンターに人探しを依頼する必要がないのです。ヘッドハンターに人探しを頼むと、採用者の年収の何割かを手数料として徴収されます。それに、ヘッドハンター自身がその会社の事業を十分理解しているわけではないので、肩書きは素晴らしいが、仕事が全然できない人、というのが来てしまうことがあるのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード