純猥談

あの夜、彼の隣にいるのは私でなくてはいけなかった。

「今日家に来れない?久しぶりにヤりたい。」
たったそれだけ。 数ヵ月ぶりの連絡にしては、気遣いの欠片もない言葉。 どう考えても、誰でもいいことを隠しもしない誘い文。


「今日家に来れない?久しぶりにヤりたい。」

たったそれだけ。

数ヵ月ぶりの連絡にしては、気遣いの欠片もない言葉。
どう考えても、誰でもいいことを隠しもしない誘い文。

私に会いたいわけではない。ただ挿入できる穴がほしいだけだ。


処女をこじらせたまま大学生活を過ごし、色々あり鬱病にもなった。

やっと出来た恋人とつかの間の幸せを夢見るも、結局全てはいつか終わるもの。

独り身に戻った時には、私の心にぽっかりと空いた穴と、どう向かい合えば良いのかわからなくなっていた。


彼は、私が初めて、出会ってすぐセックスした男の子だ。

終電も過ぎた飲み屋で、外国人にしつこく迫られていた所を助けてくれたのだ。

彼はクラス内カーストの上位に当たり前のようにいたんだろうなという印象だった。

運動部で、人望もあり、成績もよく、おそらくモテてきたんだろう、そこそこ有名な大学を出て、そこそこ良い会社に入って、仕事はとてもやりがいがあると笑っていた。順風満帆に見えた。

同い年だけど、私とは正反対の人生を送ってきているように見えて、羨ましかった。

彼とは2回会ってセックスしたけれど、当時の私は都合の良い女の振る舞い方というものを知らず、面倒がられて、彼とはすぐに連絡がとれなくなった。


私は彼への気持ちを消すために、彼のSNSを全てのアカウントからブロックした。

LINEは踏ん切りがつかずブロックしたり解除したり。最後は解除していたらしい。

それすら忘れるくらいには、ずいぶん遠い話になっていた。

そのあと、ずいぶんたくさんの男の人とセックスするはめになっていたから。

私は無視しなくてはならないと思った。

男に良いように使われている自分に嫌気がさしていた頃だったから。

これ以上不幸に自分を浸らせないように、無視してブロックしなければ。


でも、結局、夕方になって、

「会おうかな、」

と返信している私がいた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
純猥談

純猥談 編集部

誰もが登場人物になったかもしれない、現代の性愛にまつわる誰かの体験談が純猥談として日夜集まってきています。様々な状況に置かれた人たちから寄せられた3000件を超える投稿の中から、編集部が選りすぐった傑作を公開していきます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pokemomo5 すげぇ https://t.co/kF0IitHvXK 27日前 replyretweetfavorite

kanda_roh 読む前から苦しくなるだろうと思ったのに読んで息ができなくなる。 この気持ちをちゃんと言葉にできるまでアーカイブ 27日前 replyretweetfavorite

e0529m https://t.co/XbdjJGOZmv cakesすごく好き、千秋さんのとか、幡野さんは毎週読んでる。こつぶも癒されてる。 27日前 replyretweetfavorite

dronehead39 なかなかぐっと来た。奇妙なバランス感覚にハラハラする。 ーーー» 27日前 replyretweetfavorite