運動神経の善し悪しって結局自己申告じゃないですか

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。飾らず、自然体でおおらかな性格の彼女の日常を切り取ったエッセイが大好評連載中! Twitter Instagram  @yokonama280

超運動神経のいい姉といつも比べられ、「どんくさい、しょうもない人間」と思い込んでいた陽子さん。運動神経の良し悪しって、人も猫も?周りの環境に左右されるものかもしれないですね。

私は「運動神経は良いですか?」と聞かれたら、

「悪くはない方かと思います。」と答えます。

・・・微妙ですよね。

でもほんとにそうなんです。

学生時代の5段階評価でいうと4くらいかなと

時代によりますが。

小学校時代は「クラスで(女子のみ)1番足が速い子」

になっていたこともあります。

今思えば、「身長が高かったから」です。

身長が高いと足が長いので、歩幅が広くなり、足は速くなりがちです。

幼稚園時代から「後ろから3番目以降」をキープし続け、小学校6年卒業時には164cmあり、当時流行のワンレングス(若い人にはわからない死語かも)だったため、私服で電車に乗っていて、サラリーマンにナンパされた話は前に書きました。

中学時代はなぜか中2までは「すべてを頑張っていたため」

オールAを取っていて、体育もAでした。この写真2回目。過去の栄光にすがってはいけません。演劇部がなんか恥ずかしい。

中3で力尽き、やる気をなくし、(中学受験をした子にたまにある現象)

高校では、「偏差値教育反対!」とか言い出し

合わせて体育のダンスの授業が苦手で(リズム感がないし恥ずかしい)多分Bとかになっていたような気がします。

そしてモデルになるため上京し、

大学の体育の授業なんて、ほぼ「遊んでた」感じ。

評価がどうだったかも覚えていませんのでまあ「普通」だったのではないかなと。


こう振り返ると子供時代はもう少し自己評価を高くしてもよかったのではないかと思いますが、私はどの時代も

「運動が得意です。」

と言っていたことはありません。

なぜなら、目の前に大きな壁があったから・・・。

そう、身内(姉)が「めちゃくちゃ運動神経がよかった」のです!

私の父はテニスのコーチをしていた時代があり、その時は姉と二人でレッスンに連れて行かれていたこともありますが、

常に姉は「うまい!」

私は「どんくさい!」

と笑われてきました。明らかに本気モードの姉と長袖に謎のチョッキ(母の手作り)で可愛さ重視の妹

なにをやるにしてもそうです。

運動神経とは関係ないですが食事をするのも姉は「早い」

私は「遅い」。

ピアノを同じように習わせても姉はすぐに歌謡曲まで弾けるようになったけど

私はバイエル卒業が限界で(これも今はないのかな)今は「猫踏んじゃった」しか弾けない情けないレベル。ドレスはもちろん母の手作り。お金なかったんやろか・・・。

会話をしていても姉は「面白い」

私は「つまらない」子供として扱われてきました。(特に父から)

それは私も自覚していたので、

いくら通知表の体育の成績がよくても自分は「運動神経が悪い」

と思い知らされて日々過ごしてきていました。

それについては何も反論がなく、「仕方ない」と思って過ごしてきたので、50メートル走のタイムがクラスで1番になった時も自分自身が「たまたまやね」くらいのリアクションだったように思います。

ちなみに姉は、高校時代テニスでインターハイに出場していたし、創作ダンスではいつもクラスの代表チームに選ばれていました。


こんな感じで大人になったのでずっと

「自分は何をやらせてもどんくさい、しょうもない人間だ」

と思っていたら、自分が母親になって子供の関係でママサッカーに参加したり、旅行先でボルダリングをした時に、いきなりゴールを決めたり、横にいる小中学生を差し置いてどんどん8メートルの頂上まで登って行き、ママ友やインストラクターに驚かれ、

「すごいですね、ママ、運動神経いいんですね。

と褒められて、自分がびっくり、息子はひく、という現象がちょいちょい起こってきました。

(あれ?私、もしかしたら、そんなにどんくさくなかったのかな。)

と自分の運動神経に対する認識が微妙に変わってきたのはもう30代後半のことです

「育った環境」による「思い込み」って怖いですね。

そこから一念発起してヨガのインストラクターの資格を取ったりしました。


ここまで長い期間、運動神経に対する自信を喪失していた原因は他にもあります。

24歳の時に結婚した夫です。

夫は、出会った頃からぶれることなく

「僕は運動神経がめちゃめちゃよい。」と言っていました。

自信満々に・・・。


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし役者の妻で、モデルで、母です

堀本陽子

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。最近では、バラエティ番組にも出演し、飾らず自然体で、実は、サバサバしていておおらかな性格が話題に。そんな堀本さんの日常を切り取ったエッセイが連載開始! 人気俳優の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yokonama280 今週のエッセイが更新されました。 これはその中で使った写真などです。 暇つぶしに読んでみたいなと思った方は、プロフィールのURLから読めますので是非❣️ #気軽に読めるエッセイ #大人の運動神経 @yokonama280 https://t.co/9QfRL5MWYN 約2ヶ月前 replyretweetfavorite