第1回 「顧客中心主義」の戦略が、成果を生み出す

成果を出すには戦略的動くことが不可欠――とは分かっていても、「そもそも戦略はどのように立てればいいのか?」「せっかく立てた戦略なのに、現場が動かない」と頭を抱えているビジネスパーソンも多いのでは? そんな悩みを解消すべく、『100円のコーラを1000円で売る方法』などのベストセラーで知られる永井孝尚さんが、「戦略プロフェッショナル」の心得を伝授します。
本連載では、PHPビジネス新書『「戦略力」が身につく方法』から一部を公開します。

「全社プロジェクトなのに、しかもあれだけ明確な方針を示して丁寧に説明したのに、なんで誰も動いてくれないのだろう?」
 25歳の私は、机の上で頭を抱えていた。
 1980年後半。私が勤務するIBMは、世界中で1000以上の製品を開発していた。一方で日本語対応など、各国独自の要望も急増していた。
 そこで年2回の事業計画に合わせて、全IBM製品に対して各国の要望を取りまとめる全社プロジェクトが始まった。私はアジア地域担当として仕組みを作り、動かすことになった。マネジメントと話し合い、方針と目的を決め、業務プロセスを作り、必要なアジア地域の各製品マネージャーを任命してもらい、役割を明確に決めた。作業スケジュールを決め、メンバーを集めて説明会を実施し、理解を徹底した。

 しかし、お願いしたスケジュール通りに動いてくれたのはごく一部の人だけだった。8割以上の大多数は動かない。期限が過ぎてから個別に電話をしても、誰もが「何だっけ? あ、あの件ね。まだやっていないんだ。いつまでだっけ?」という答え。
 若かった私は無力感に襲われた。しかし悲観的になったり怒ったりしても、何ひとつ変わらない。そこで私は、彼らが動こうとしない理由を探ってみることにした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

戦略力」が身につく方法 —「現場を動かす力」とは何か

永井孝尚

自分の仕事を「見える化」し、結果を出して、自分で評価し、かつ自分で説明できること。 日々の業務に仮説検証プロセスを取り入れ、現場やチームメンバーと共有するかたちで仕事を進める。できあがった資料は組織の改善活動にそのまま活かされる。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

PHP_Business 【本日18:00まで無料で読める!】cakesで本日連載スタート『「戦略力」が身につく方法』 https://t.co/UIH5xPFzNd... http://t.co/608ulllQuc 4年以上前 replyretweetfavorite

takahisanagai 『「戦略力」が身につく方法』(PHPビジネス新書)、これからCAKESで一部公開していきます。本日から第1回目連載が始まりました。→ https://t.co/NQA4NWmUYp 4年以上前 replyretweetfavorite