え、そこ? 定食屋、守るべき大人の流儀【定食屋解剖・後編】

地元民から愛される絶品メニューがある。キャベツがぱりっと新鮮。漬け物はできる限り自家製。安い。女ひとりもOK。5条件を満たす定食屋を『東京の台所』の著者・大平一枝(おおだいらかずえ)が訪ね歩く。儲けはあるのか? 激安チェーン店が席巻するなか、なぜ地価の高い都会で頑張るのか? 絶滅危惧寸前の過酷な飲食業態、定食屋店主の踏ん張る心の内と支える客の物語。前編に続き定食屋を分析してみた。

定食屋、大人の流儀

 定食屋の全体としてはDグループ(『定食屋解剖・前編』参照)、「親子継承、地域密着。地元愛され系」多い。私が好んで惹きつけられる店は親の代からあり、家賃がかからない分、こちらが心配になるくらい価格をぎりぎりまで安くしている。

 たとえば『食堂筑波』のナポリタンは500円だし、創業60年、吉祥寺の『まるけん食堂』の絶品、茄子炒めは210円だった。

 だからこそ、尊い絶滅危惧種を守るための正しい流儀が、客には必要だ。

 店主が何気なく漏らしたつぶやきや常連客の助言を元に、定食屋を楽しむ大人の流儀をご紹介する。

1、食べるスピードを他の客に合わせる

 常連客っぽい人がわかれば、なおいい。その人の食べるスピードを、なんとなく意識しよう。薄利多売の定食屋は少しでも早めに退店するのが親切だ。とはいえ、初めて訪れる店がどの程度混むのか、時間帯によってどう変わるかは、わからないもの。また、迷惑でなさそうならゆっくり食べるにこしたことはない。せっかくの食事を焦ることはないのだ。

 私は慣れた様子で注文をする客を観察し、参考にしている。

2、食べ終わったあと、スマホを見るな、皿を重ねろ

 食後にスマホをチェックをしたり、同行の人とおしゃべりに興じたり、長居はもってのほかだ。だいたい、定食屋にドリップコーヒーや洒落たデザートなどない。手が回らないのと、客の回転を良くするためである。

 安くておいしい幸福な聖地は、1分でも早く次の人に明け渡してあげよう。そして、片付けやすいよう、同じ型の皿は重ねておこう。

 どうしても、食べる前に記録やSMS用に撮りたいなら1枚に。私は、宣伝やPCさえなさそうな店は、僭越ながら告知の一助になればと1枚だけは撮る。

3、ごはんの量を先に聞く

 定食屋のごはんはだいたい多い。『あだち』は寿司桶のような器に1升。「少なめに」で5合だった。女性や少食の人は、オーダーの前にごはんの量を聞こう。

 数字でイメージがわかなければ、茶碗を見せらもらうのがよい。「小盛り」でも、店や器によって全く違う。利益の薄い商いで、残すのはとりわけ失礼だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

台所の数だけ、人生がある。お勝手から見えてきた、50人の食と日常をめぐる物語。

東京の台所

大平 一枝
平凡社
2015-03-20

この連載について

初回を読む
そこに定食屋があるかぎり。

大平一枝

絶滅危惧種ともいわれながら、今もなおも人々の心と胃袋をつかみ、満たしてくれる「定食屋」。安価でボリュームがあり、おいしく栄養があって…。そこに定食屋があるかぎり、人は店を目指し、ご飯をほおばる。家庭の味とは一線を画したクオリティーに、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kinseigani 読まれると「分かりきったことを」と思われるかもしれない… https://t.co/0ySIo114Ki 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

norikko51 いつも うんうん。って頷きながら 読んでます。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite