巧みな調理手法が満載のチンジャオロース

今回は、牛肉と夏野菜のピーマンを使った炒めものを紹介します。豚肉を使用したものは中国では青椒肉絲(チンジャオロース)と呼ばれる定番料理。簡単かつ合理的なポイントをおさえて、レパートリーに加えてみてはいかがですか?

夏が旬の野菜、ピーマンを使ったおかずです。牛肉とピーマンの炒めものは中国料理で青椒牛肉絲という料理で、豚肉を使えば青椒肉絲という名前に変わります。今回は牛肉を使いましたが、豚肉でも同様にすればおいしくつくれます。ポイントはすべての野菜の大きさを切りそろえること。これは中国料理の基本原則です。切りもの(切る仕事)や調味料などはあわせておき、最終的には一気に仕上げます。

牛肉とピーマンの炒めもの

材料

牛肉(焼肉用)…100g
塩…1g
胡椒…少々
水…大さじ1
片栗粉…小さじ1
ピーマン…100g(3~4個)
タケノコ(水煮)…60g
長ネギ…10cmくらい
ごま油…大さじ1

合わせ調味料
醤油…小さじ2
オイスターソース…小さじ1
砂糖…小さじ1
酒…大さじ1


1.牛肉は細く切り、塩、胡椒、水で和える。肉が水分を吸ったら片栗粉を加え、全体に馴染ませる。ピーマンとタケノコはマッチ棒の大きさを目安に切りそろえる。長ネギは縦半分に切ってから、2cm幅の斜め切りにする。

2.フライパンを中火で熱し、ごま油を入れたところで、牛肉を広げるようにして入れる。色が変わってきたら長ネギを加え、全体を混ぜる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

merry666 お店のこってり感は油通しによるものなのかー 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

ecopi_sweebo10 青椒肉絲、大好きなんです😍😋✨ 2ヶ月前 replyretweetfavorite

izaken77 いつもながらうならせる圧巻の解説。味はもちろん美味でした。 2ヶ月前 replyretweetfavorite