ブスは嗤っていいもの!」からの転換と未達

あからさまな女性蔑視とともに、『こち亀』の差別的な定番ギャグとしては「容姿いじり」がある。「ブスは嗤(わら)い者にしていい」という感覚の下、1本丸々使ったエピソードから小さな記号的なカットにまで、この手のギャグを量産してきた。一方で、連載も終盤になるにつれ、その態度からの脱皮もあり……? 発売中の「『こち亀』社会論 超一級の文化史料を読み解く」(稲田豊史)から特別集中連載(毎週水・土曜日更新)。

情け容赦ないルッキズム

『こち亀』内でのジェンダーの押し付け、旧時代的女性観、あからさまな能力差別は、世相に連動する形で00年代以降減っていくが、女性絡みのポリコレ案件の中で、連載終盤までいっこうに“反省”しなかった思想がある。ルッキズム(容姿差別)だ。

 70年代生まれの文化系・サブカル属性男子がたどった道のりには、80年代のとんねるずや90年代の電気グルーヴといった「兄貴」たちがいた。前者は芸能界の現場にまつわる知識やギョーカイカルチャーのダイナミズムを、後者は海外テクノ啓蒙を通じた反J-POP、嘲笑すべき仮想敵のセレクトから垣間見える笑いのセンスなどの面で、ボーイズたちに多大なる影響を与えている。

 その偉大なる「兄貴」たちが好んで磨いていたのが、「ブスを嗤うセンス」である。人権意識の高い現代においては大人の厳罰注意が徹底しつつあるためかなり減ったと思われるが、小学生の男の子がクラスの女子を、「ブース、ブース」と言ってからかう光景は、前世紀にはよく見られた。これが中学生になっても、高校生になっても、大人になっても「ブスは嗤ってよし」を引きずりがちなのが、70年代生まれを中心とした文化系・サブカル属性の男子である。これは『こち亀』の中心読者である団塊ジュニア〜ポスト団塊ジュニアの一部ともかぶってくる。

「ブスを嗤っていい」空気の成分は、時代とともにどう変化し、どう変化しなかったのか。『こち亀』が「ブス」を嗤いものにする描写はあまりにも多いが、その一部から「変化」と「非変化」を追いかけてみよう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

全国書店、各オンライン書店にて絶賛発売中です!

この連載について

初回を読む
こち亀』社会論 超一級の文化史料を読み解く

稲田豊史

昭和~平成にかけて「週刊少年ジャンプ」で読まれ続けてきた『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。連載40年、全200巻という偉業を果たした国民的漫画は、大衆社会を活写し続けたまさに「浮世絵」です。「こち亀と日本社会の40年」を紐解いた『『こ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません