レジェンドたる志村けんと『こち亀』に通底する「セクハラ」的な笑い

『こち亀』が偉大な漫画であることに違いはないが、大きな潮流となった「ポリティカル・コレクトネス」の視点から見ると、露骨なセクハラ描写が多かったことは否めない。「時代と寝る」漫画たる『こち亀』は、女性やセクシャルマイノリティへの描き方をどう変えていったのか、あるいはどう変えられなかったのか。発売中の「『こち亀』社会論 超一級の文化史料を読み解く」(稲田豊史)から特別集中連載(毎週水・土曜日更新)。

志村けんと『こち亀』

 2020年3月、日本が誇る国民的コメディアン・志村けんが新型コロナウイルスに罹患して逝去した。志村が「東村山音頭」で大ブレイクしたのは1976年、『こち亀』の連載がスタートした年である。

 志村の死にとりわけ心を痛めたのは、『こち亀』のコア読者と同様、団塊ジュニアからポスト団塊ジュニアの男性であろう。1970年代後半から90年代にかけ、『8時だョ!全員集合』『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』『志村けんのだいじょうぶだぁ』『志村けんのバカ殿様』といった志村の出演番組に親しんだ世代である。

 ただ、志村逝去で日本中が哀悼一色だったなか、少しだけ“ノイズ”が混じっていた。「番組コントに登場したさまざまなエロ描写──女性の乳房や下着の露出、言葉や行動による女性へのセクハラ──は、志村の喜劇人としての功績とは別に、安易に許容してはならない」という意見がTwitter上で見られたのだ。

 中でも『志村けんのバカ殿様』に登場した「胸部をくり抜かれた衣装で乳房が露出した腰元女性たちによる人間神経衰弱」や、『志村けんのだいじょうぶだぁ』の名物キャラ・変なおじさんによる変質者同様のセクハラコントには批判が集中。志村への追悼をきっかけに、地上波テレビ番組が現在よりずっと「エロ(お色気)」に寛容だった時代を懐かしむ男たちに対して、不快感を示す声も聞かれた。曰く、「女性へのセクハラや性の商品化を故人への追悼と一緒くたにして正当化するな」「これらの番組を見て育った男が現在、無自覚にセクハラするオヤジになっている」

 これに近いことが『こち亀』にも言える。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

全国書店、各オンライン書店にて絶賛発売中です!

この連載について

初回を読む
こち亀』社会論 超一級の文化史料を読み解く

稲田豊史

昭和~平成にかけて「週刊少年ジャンプ」で読まれ続けてきた『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。連載40年、全200巻という偉業を果たした国民的漫画は、大衆社会を活写し続けたまさに「浮世絵」です。「こち亀と日本社会の40年」を紐解いた『『こ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません