キモオタ」嫌悪から、バディたる本田、左近寺のオタク化へ

『こち亀』はキャラクターの一貫性を重視しない。あくまで「時代を映す鏡」だからだ。なかでも最も印象を変えたキャラに、本田速人がいる。二重人格のバイク狂だった彼に、いつしか「オタク」属性が加えられたのだ。その「キャラ変」の裏には、時代の流れによる「オタク」の扱いの変化が潜んでいる! 絶賛発売中の「『こち亀』社会論 超一級の文化史料を読み解く」(稲田豊史)から特別集中連載(毎週水・土曜日更新)。

マニア、サブカル、ポップカルチャー、そしてオタク

 ここまで「マニア」「サブカル」「ポップカルチャー(大衆文化)」について厳密な定義を避けてきたのは、それぞれについて一意の決定的な定義がなく、かつ三者がベン図上で互いに重なり合っているからだ。

 そして、この「マニア」「サブカル」「ポップカルチャー」のいずれともベン図上で重なり合い、かつひとつの文化体系として1990年代以降に一大勢力として急成長したのが「オタク文化」だ。

 80年代半ばに端を発する「オタク」とは、ポップカルチャーの中でもアニメ、ゲーム、漫画、アイドルといったジャンルを愛好し、それらの知識に長けた人たちの総称である。呼称自体は80年代半ばから存在するが、浸透したのは80年代末で、以降長きにわたり「内向的」「コミュニケーションが苦手」「もてない」といったバッドイメージがついて回ったことで嫌われ、避けられ、あるいは嘲笑されることも多かったが、2010年代以降はイメージが変容していった。

 2010年代以降は、ある趣味ジャンルについて「普通より少し好き」程度でも「○○オタク」を自称する若者が増えた。若者論の研究者であるマーケティング・アナリスト原田曜平による『新・オタク経済—3兆円市場の地殻大変動』(朝日新書)には、2015年時点で自分をオタクだと言いたがる若者が増えている理由として、「彼らが『オタク』というパーソナリティ属性を、自分を特徴付けるもの(キャラ)として利用し、対人コミュニケーションツールにしているから」との記述がある。同書では新世代のオタクを「エセオタク」「リア充オタク」として、従来型のオタクと区別した。

 このように、時代変遷も込みでオタクの定義を考察し始めると本が1冊書ける。もっと言えば「おたく」「オタク」「ヲタク」といった表記上の違いについても、さまざまな主張があるが、ここでは割愛する。

 結論から言えば、『こち亀』連載を通して、「(男性)オタク」ほど扱いが180度変わったモチーフはなかった。100%の嫌悪感が、いつの間にか当事者自虐ネタとして面白おかしくおちょくる態度へと変容し、やがてオタクのダイナミズムを肯定的に捉えつつビジネスとしての確立を見守るスタンスを取り、最終的には最上位の文化的存在として誇り、礼賛のスタンスを取るに至ったのだ。

 このような『こち亀』内でのオタクの扱いの変化は、日本社会におけるオタクのそれとまったく同じである。すなわち、「東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件」(88〜89年)の犯人・宮崎勤に象徴される反社会的存在のイメージから、メディアによるいじめレベルのいじりにシフト、クールジャパン気運の後押しによってインバウンドとアカデミズムへの接続を経由し、オタクイメージのカジュアル化&唯一無二の日本文化として誇るべき存在へ──。

 そのあまりにも露骨な態度変化を、時系列で見ていこう。

露骨な嫌悪フェイズ

「東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件」が世を騒がせていた1989年、『こち亀』は89年31号「ザ・人形道大鑑!の巻」(66巻)で、「オタク」に対する直接的な嫌悪感を露骨に描いた。

 GIジョーコレクターの家に行った両津とその友人が、コレクターから兄のコレクションも見るかと誘われるが、「兄は美少女コレクター」と説明されて嫌な予感を抱く。「お兄さんはアニメ好きでめがねかけて色白でふとっていませんか?」と確認する両津。そうだと聞いてそそくさと帰ろうとするが、無理やり兄の部屋へ押し込められる。

 そこにいたのはあまりにも典型的で悪意のある、後年の言葉で言うところの“キモオタ”の姿だった。部屋には露出度の高い美少女フィギュアの山。両津と友人は「ぞ〜〜」という擬音で悪寒を走らせ、「わしらとは方向性がちがうんだって! うおお〜〜〜っ気持ち悪い〜〜〜っ!!」と、これ以上ない毛嫌いを示して話が終わる。「キモオタの晒(さら)し」がオチなのだ。

 言っておくと、ここで『こち亀』を責めるのは酷だ。89年当時の「アニメオタクの男性(とそれに類する者)」の扱いは、少なくとも『こち亀』が設定する大衆目線からすれば、これがスタンダードだったからだ。1989年時点の“善良な市民”にとって、このコレクター兄のような風貌と趣味は、誇張でなく宮崎勤並みに忌み嫌うべき脅威だった。

 もうひとつ指摘するならば、この時点の両津はアニメフィギュアというジャンルについて、それまでのエピソードで「大人ホビー」としてそのコレクション価値を認めていたGIジョー、バービー人形、リカちゃん人形とは「方向性がちがう」ものとして、明確に線引きしている。議論の余地もない完全拒否。「文化」として認めていない、認めたくないようにも感じられるほどの、全身全霊を込めた「気持ち悪い〜〜〜っ!! 」だ。

 同年に報じられた宮崎勤の逮捕によって、(アニメ)オタクへの世間からの風当たりは一層強くなっていったが、それから5年後、希望の光が射す。94年24号「活字V.S.漫画論争!の巻」の絵崎コロ助による「権威付け」によって、漫画やアニメの地位が上がったのだ。絵崎の擁護対象に露出度の高いアニメフィギュアは含まれていないと考えるのが自然ではあるが、少なくとも脊髄反射レベルでの漫画・アニメ糾弾は、少しずつ緩んでいった。

バディである本田、左近寺のオタク化

 最初の大きな変化は、『こち亀』のレギュラーキャラに「オタクパーソナリティ」の持ち主がデフォルトで備えられたことだ。ひとりは両津の後輩である古参キャラの本田。もうひとりは同僚警官で格闘技の鬼・左近寺竜之介である。これをきっかけに、『こち亀』はオタクを嫌悪する対象ではなく、「愛すべき仲間」として受け入れるように舵を切っていく。

 95年21・22号「本田の新恋人!?の巻」(94巻)や96年1号「アフレコ見学会の巻」(97巻)では、本田の恋人であり売れっ子漫画家の乙姫菜々をめぐり、本田が少女漫画好き、アニメファン、声優マニアであることが描かれた。

 バイクを降りて優しくなった状態の本田がアイドルのファンクラブに入っていたり、「クッキーを焼く」といったフェミニンな趣味を持っていたりすることは連載初期から描かれていた。ただ、フェミニン→少女漫画好きまでは理解できるとして、突如オタク属性を付与されたことに、長年のファンは驚きを隠せなかっただろう。

 本田と言えば『こち亀』ファミリーの中でも、中川、麗子、部長に次ぐ主要メンバーにして、両津の子分的バディである。主人公のバディにオタクキャラを任じるほどに、世の中におけるオタクの存在感が強大になっていたのが90年代半ばという時代だったのだ。

 ちなみに乙姫菜々は、「声が思い切りアニメ声」という設定が好意的に描かれており、本田との絡みの中で以後もカジュアルにオタ活を楽しむ。そもそも乙姫菜々がこれほどまでに長期にわたって「本田の恋人」設定を引っ張り、連載後半の全体にわたって物語にたびたび絡んだことは、乙姫が身を置いている漫画界、それに紐付いた同人誌系のネタやアニメ関連ネタが、『こち亀』の考える「カルチャー」に含まれてもよいと判断された証左に他ならない。閾値を超えたのだ。

 本田の体現する絵に描いたようなオタク道はその後も、96年7号「電脳ラブストーリーの巻」(98巻)などで描かれる。同編では本田がパソコン(箱に「PC-9821Cx」と書いてあることから、NEC製の実在の製品を想定)の美少女シミュレーションゲームに没頭。悪質なゲーム内課金にハマってしまう。

 一方の左近寺は本田と異なり、最初からオタク属性を引き受けるために登場した新キャラである。96年16号「格闘ゲーマー警官登場!!の巻」(99巻)で初登場した左近寺はムキムキボディの超体育会系警官で、当時の32ビットゲーム機(プレイステーション、セガサターン)を中心に一大ブームを巻き起こしていた対戦型格闘ゲームマニアだったが、ふとしたことから美少女ゲームにはまってしまい、以後はそちら系のオタク道を突き進む。なお、同編で左近寺がハマってしまったゲーム『どきどきメモリアル』は恋愛シミュレーションゲームのブームを牽引した『ときめきメモリアル』のパロディだ。

 すっかり『どきメモ』ファンになった左近寺は96年25号「あなたのフィギュア作ります!の巻」(99巻)で同作ヒロインのフィギュア(ガレージキット)に手を出してしまう。結局、ひとりで作れないので両津に組み立てと着色を依頼するが、両津はこのフィギュアを嫌悪しない。7年前には「うおお〜〜〜っ気持ち悪い〜〜〜っ!!」と言っていたものと、露出度は低かれど同じ並びにあるはずの美少女フィギュアを、「ガレキ(ガレージキット)の世界もディープだから気をつけろよ。深みに入ると抜け出せなくなるぞ!」と言って黙々と組み立ててくれる。

 同編での両津は、美少女ものの人形が世間から白い目で見られることは認識しつつも、その愛好家たちを嫌悪したりはしない。むしろ、ガレキの組み立てを嬉々として商売にする。少なくとも『こち亀』内では、オタクが毛嫌いするほどのタブー的存在ではなくなっていた。

モブキャラの「オタク絵」化

 96年48号「美少女フィギュアに超夢中❤の巻」(102巻)では、美少女フィギュアやガレージキットについて両津が「絵路井(えろい)・フィギュア・ゲットシュタイン講師」なる人物に扮して詳細な解説を施す。この解説は、過去に「GIジョー」や「バービー人形」などで行った方式と同じ。すなわち「美少女フィギュア」はこの回をもって、『こち亀』内で「立派な大人ホビー」に“昇格”したのだ。

 同編では美少女フィギュアの市場ニーズや等身大モデルのトレンドについて、その異常性も含めておもしろおかしく紹介しているが、ことさら嫌悪感は漂っていない。たとえて言うなら、車道楽で破産した趣味人たちに対するまなざしのような、愛すべきバカたちに寄り添う優しさが感じられる。

 作中での『どきメモ』はその後、91年25号「超美少女SLG!!の巻」(105巻)で育成シミュレーションとしてアーケード移植(ゲームセンター用にゲーム化)されたものに左近寺がハマり、散財。98年28号「歩いて育てろ!!の巻」(110巻)では『ポケットどきメモ』としてデジタル万歩計連動型の携帯ゲームとなるが、なんと18禁仕様として描かれた。少年誌である「少年ジャンプ」に堂々と架空の18禁ゲームを登場させるのも驚きだが、オタク×エロスを集約させたこのゲームに左近寺がどハマリし、それを糾弾・嫌悪するでもなくフラットな目線で「現象」として受け止めている両津の姿は印象的だ。

 ところで、この時期の『こち亀』の画風に注視してみると、モブキャラの画風が「オタク絵」とでも呼ぶべき同人誌タッチ、アニメ絵タッチに寄っていることに気づく。たとえば96年51号「コスパでナンパ!?の巻」(102巻)では、両津たちがコスパ(コスプレパーティー)に赴くが、コスプレ会場のコマには従来の『こち亀』の絵柄とは大きく乖離した女性コスプレイヤーたちが描かれている。

 オタク絵タッチは以後も婦警やアイドルが描かれる際、頻繁に見受けられるようになる。モブキャラは秋本自身の描画ではなく、当時在籍していたアシスタントによるものと推測されるが、このようなオタク絵が『こち亀』世界内に存在することを秋本治自身が“許した”こと自体が、『こち亀』という作品がオタク風味に寛容になったことを示してはいないだろうか。

 90年代後半の『こち亀』にとって、オタクはもはや得体の知れない異物ではない。作品を構成する描線・タッチといったフィジカルな意味においても、文字通り「体の一部」となったのだ。

*本連載は、稲田豊史・著「『こち亀』社会論 超一級の文化史料を読み解く」(イースト・プレス刊行予定)を基にcakes用に再編集したものです。

全国書店、各オンライン書店にて絶賛発売中です!

この連載について

初回を読む
こち亀』社会論 超一級の文化史料を読み解く

稲田豊史

昭和~平成にかけて「週刊少年ジャンプ」で読まれ続けてきた『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。連載40年、全200巻という偉業を果たした国民的漫画は、大衆社会を活写し続けたまさに「浮世絵」です。「こち亀と日本社会の40年」を紐解いた『『こ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ep_syoseki cakesさんで更新されました!本田のキャラ変、これはいかに!? 6日前 replyretweetfavorite