キモオタ」嫌悪から、バディたる本田、左近寺のオタク化へ

『こち亀』はキャラクターの一貫性を重視しない。あくまで「時代を映す鏡」だからだ。なかでも最も印象を変えたキャラに、本田速人がいる。二重人格のバイク狂だった彼に、いつしか「オタク」属性が加えられたのだ。その「キャラ変」の裏には、時代の流れによる「オタク」の扱いの変化が潜んでいる! 絶賛発売中の「『こち亀』社会論 超一級の文化史料を読み解く」(稲田豊史)から特別集中連載(毎週水・土曜日更新)。

マニア、サブカル、ポップカルチャー、そしてオタク

 ここまで「マニア」「サブカル」「ポップカルチャー(大衆文化)」について厳密な定義を避けてきたのは、それぞれについて一意の決定的な定義がなく、かつ三者がベン図上で互いに重なり合っているからだ。

 そして、この「マニア」「サブカル」「ポップカルチャー」のいずれともベン図上で重なり合い、かつひとつの文化体系として1990年代以降に一大勢力として急成長したのが「オタク文化」だ。

 80年代半ばに端を発する「オタク」とは、ポップカルチャーの中でもアニメ、ゲーム、漫画、アイドルといったジャンルを愛好し、それらの知識に長けた人たちの総称である。呼称自体は80年代半ばから存在するが、浸透したのは80年代末で、以降長きにわたり「内向的」「コミュニケーションが苦手」「もてない」といったバッドイメージがついて回ったことで嫌われ、避けられ、あるいは嘲笑されることも多かったが、2010年代以降はイメージが変容していった。

 2010年代以降は、ある趣味ジャンルについて「普通より少し好き」程度でも「○○オタク」を自称する若者が増えた。若者論の研究者であるマーケティング・アナリスト原田曜平による『新・オタク経済—3兆円市場の地殻大変動』(朝日新書)には、2015年時点で自分をオタクだと言いたがる若者が増えている理由として、「彼らが『オタク』というパーソナリティ属性を、自分を特徴付けるもの(キャラ)として利用し、対人コミュニケーションツールにしているから」との記述がある。同書では新世代のオタクを「エセオタク」「リア充オタク」として、従来型のオタクと区別した。

 このように、時代変遷も込みでオタクの定義を考察し始めると本が1冊書ける。もっと言えば「おたく」「オタク」「ヲタク」といった表記上の違いについても、さまざまな主張があるが、ここでは割愛する。

 結論から言えば、『こち亀』連載を通して、「(男性)オタク」ほど扱いが180度変わったモチーフはなかった。100%の嫌悪感が、いつの間にか当事者自虐ネタとして面白おかしくおちょくる態度へと変容し、やがてオタクのダイナミズムを肯定的に捉えつつビジネスとしての確立を見守るスタンスを取り、最終的には最上位の文化的存在として誇り、礼賛のスタンスを取るに至ったのだ。

 このような『こち亀』内でのオタクの扱いの変化は、日本社会におけるオタクのそれとまったく同じである。すなわち、「東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件」(88〜89年)の犯人・宮崎勤に象徴される反社会的存在のイメージから、メディアによるいじめレベルのいじりにシフト、クールジャパン気運の後押しによってインバウンドとアカデミズムへの接続を経由し、オタクイメージのカジュアル化&唯一無二の日本文化として誇るべき存在へ──。

 そのあまりにも露骨な態度変化を、時系列で見ていこう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

全国書店、各オンライン書店にて絶賛発売中です!

この連載について

初回を読む
こち亀』社会論 超一級の文化史料を読み解く

稲田豊史

昭和~平成にかけて「週刊少年ジャンプ」で読まれ続けてきた『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。連載40年、全200巻という偉業を果たした国民的漫画は、大衆社会を活写し続けたまさに「浮世絵」です。「こち亀と日本社会の40年」を紐解いた『『こ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ep_syoseki cakesさんで更新されました!本田のキャラ変、これはいかに!? 約1年前 replyretweetfavorite