テクノロジー信奉崩壊によって『こち亀』の地位も低下?

テクノロジーの進化が、「テクノロジー信奉」を崩壊させた? ガジェットのスペックが年々向上し、その機能が高度化し続ける時代においては、技術解説書としての『こち亀』に優位性があった。しかし時代は「巧みに使いこなす」から、「誰でも簡単に使える」になり……。絶賛発売中の「『こち亀』社会論 超一級の文化史料を読み解く」(稲田豊史)から特別集中連載(毎週水・土曜日更新)。

2007年の特異点とテクノロジー・マッチョ教の崩壊

 前回述べたように、両津が声高に叫ぶ、男性的・高圧的・弱者支配的な技術絶対優位主義、いわば“テクノロジー・マッチョイズム”は、「技術や技術まわりの知識の習得が、ある層が特権的に専有しうる状況下」においてしか、成立しない。両津が1996年に言ったように「知る者と知らん者との間の大きな差」がないと、知る者は知らない者の尊敬を集められず、崇められないからだ。

 例を挙げよう。インターネットとGoogleがない時代は、物知りの人間にニーズがあった。わからないことがあれば、「物知りの彼に聞こう」という発想に至るからだ。

 しかし現在では手元のスマホでググればいいだけなので、物知りの彼のもとに馳せ参じる必要がない。頭を下げて「教えてください」とお願いする必要がない。知識絶対優位主義が崩れたのだ。Amazonの登場によって書店の地位がガタ落ちしたのも、Netflixの登場によってレンタル店としてのTSUTAYAの地位がガタ落ちしたのも、同じ理由による。「わざわざ馳せ参じる必要がなくなった」という意味においては。

 そして皮肉なことに、両津のデジタル・デバイド宣言「知る者と知らん者との間の大きな差」は、『こち亀』という作品自体の地位・存在意義がいずれ低下するであろうことも予見していた。

 特異点は、デジタル・デバイド宣言の11年後の2007年に登場し、『こち亀』内でも最新ガジェットとしてたびたびもてはやしたiPhoneにあると見る。なぜならiPhoneは、それまでのパソコンと違って、「技術的な仕組みの理解と使いこなしの習熟度が比例しない、革命的なデジタルデバイス」だったからだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

全国書店、各オンライン書店にて絶賛発売中です!

この連載について

初回を読む
こち亀』社会論 超一級の文化史料を読み解く

稲田豊史

昭和~平成にかけて「週刊少年ジャンプ」で読まれ続けてきた『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。連載40年、全200巻という偉業を果たした国民的漫画は、大衆社会を活写し続けたまさに「浮世絵」です。「こち亀と日本社会の40年」を紐解いた『『こ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません