情強は神様扱いだ!」アーリーアダプター=両津の情弱いじめ

「情弱/情強」「情報格差」といった言葉は、テクノロジーの発展とともにもたらされた。情弱のオヤジはダサく、情強のアーリーアダプターはかっこいい。技術解説書たる『こち亀』において、常に最新のガジェットを追い続ける両津は、まさにこの価値観に染まっている。情弱をバカにする両津の態度とは? 9月12日発売の「『こち亀』社会論 超一級の文化史料を読み解く」(稲田豊史)から特別集中連載(毎週水・土曜日更新)。

両津のデジタル・デバイド宣言と情弱いじめ

 両津の新しいガジェットにかける情熱、新技術への興味・関心度の高さ、知識・技術の習得センスは並外れている。イノベーター理論で言うなら、(連載初期を除き)両津が上位2.5%のイノベーター、あるいは13.5%を占めるアーリーアダプターであるのは間違いない。

 ここで大切なことがある。両津はデジタル系新製品の技術や発想についていけない者──イノベーター理論における下位16%の「ラガード」層──を常にバカにしているという点だ。『こち亀』作中におけるラガードとは、多くの場合において年配層を指す。その代表格が部長だ。

 94年46号「携帯電話はソースの香り!?の巻」(91巻)では、携帯電話を持っている部長(実はゴルフコンペでもらった)に対し、両津が「グレードが一気に最下位に落ちた…/チンパンジーがゲームボーイで遊ぶレベルまで落ちたぞ」とディスる。

 96年15号「ハイテク世代V.S.オヤジ世代!!の巻」(98巻)では、両津が葛飾署のパソコン教室の「幹部・管理職部門」クラスを訪れ、なんと13ページにもわたって部長らを含むIT音痴をバカにする。ここで両津は秋葉原を訪れた際のエピソードとして、「アダルトCD-ROMを買ったはいいがパソコンでの見方がわからず、会社PCのスロットに入れたはいいが、排出できなくなってパニックに陥る管理職の悲哀」を、おもしろおかしく語っていた。

 この回での両津のセリフは象徴的だ。両津は「Windows 95」の登場が、今までパソコンに興味のなかった層を振り向かせたとして、こう述べる。


「だからこそ(以前からパソコンを操っていた)わしらが優位に立てる訳だ!!/知る者と知らん者と(の間には)大きな差がある!!/動かせる人間は神様扱いだ!」(カッコ内、筆者補足)


 知る者と知らん者との間の大きな差。これは後年「デジタル・デバイド(情報格差)」と呼ばれるものだ。そして「知らん者」はネット上を中心に「情弱(情報弱者)」という屈辱的なレッテルを与えられることになる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

全国書店、各オンライン書店にて絶賛発売中です!

この連載について

初回を読む
こち亀』社会論 超一級の文化史料を読み解く

稲田豊史

昭和~平成にかけて「週刊少年ジャンプ」で読まれ続けてきた『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。連載40年、全200巻という偉業を果たした国民的漫画は、大衆社会を活写し続けたまさに「浮世絵」です。「こち亀と日本社会の40年」を紐解いた『『こ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません