少女」を通し、人を撮ることの深淵に向かう

6月に青幻舎から出版された、写真家・青山裕企さんの最新作『少女礼讃』。素性のわからない一人の「少女」を、2年間休むことなく撮影し続けた本作は、その時間の厚みを表すかのような512ページの大作として完成しました。本連載は昨年、書籍の発売前から『少女礼讃』の作品群を見ていた弊社社員4名に対し、青山さんが行ったインタビューを掲載していくものです。

はじめに

2018年の夏、Instagramにひっそりと開設された謎のアカウント「少女礼讃」。毎日投稿される大量の写真には、すべて同じひとりの女性が写っていました。この撮影者名も被写体名も不明のアカウントは、写真家・青山裕企さんによるもの。その尋常でない更新スピードと、執拗に「少女」だけを撮影し続ける異様さは、見るものの胸中に名状しがたい感情と憶測を生じさせました。

当時よりアカウントの正体を知り、一種の「少女」中毒に陥っていたnote株式会社の一部社員たち。新しい写真が更新されるごとに「この少女は誰なのか」「青山さんと少女の関係は」「そもそも『少女礼讃』とはなんなのか」 と大いに翻弄されました。

2019年に、青山さんがこのうち4名に対し行ったインタビューに見える当時の混乱ぶりと、完成した『少女礼讃』を読み、それぞれが手にした「『少女礼讃』とは何だったのか?」の答えを、全4回でお届けします。最後の少女中毒者は、cakes編集部員の中田絵理香です。

“少女礼讃”は、圧倒的な熱量と執拗さで、出来ている

青山裕企(以下、青山) 中田さんは、ずっと一緒にcakesの連載などをご一緒してますので、初期の頃から見ていただいています。そんな中田さんから見て、“少女礼讃”は……いかがでしょう?

cakes編集部・中田絵理香(以下、中田) そうですね。初期から長いスパンで見ていて思うのは、やっぱり、少女との関係性が深まっていっていることを如実に感じるな、と。一番最初の公園での写真から見ていて、当時青山さんに「少女は無口であまり笑わない」と聞いていましたが、だんだんこの少女、心から笑ってるでしょ?っていう感じがします。

青山 2018年夏から撮影を続けているのですが、撮影回数がすごいので……。

中田 毎週ですか?

青山 多いときは、週一から二ぐらいは撮ってますね。

中田 完全に、彼氏と彼女みたいなペース(笑)。

青山 そんな風に見せたいんですよね。とにかく“少女礼讃”は、ひとりの謎めいた少女を(誰も成し遂げたことがないくらいに)撮り尽くすことをテーマに掲げているので、誰よりも撮りたいし、そこにヤバい雰囲気を醸し出したいんです。なんでこんなに撮り続けてるんだろうって、思わせたいんです。実際は、いたって真面目に誠実に撮影してるんですけどね(笑)。

中田 そうなんですね。ヤバさは常に感じています。

青山 写真で表現するときに、漫画や映画みたいに、多くの人を同じような気持ちに導くようなストーリーを生み出すよりも、切実な気持ちで撮りたい、撮られたいというオリジナルな関係性を描きたいんですね。『スクールガール・コンプレックス』にしても『ソラリーマン』にしても、一気にものすごい数を撮るようにしていて、圧倒的な熱量と執拗さを大切にしています。

中田 今回は年齢も不詳で、かつ「少女」と言われて見ているので……さらなるヤバさがありますよね。

青山 そうなんです。(実際のところ、年齢については写真集『少女礼讃』の奥付に書いているのですが)自由に想像を膨らませてもらって、鑑賞者の気持ちを揺らしたいですね。

どういう感じで撮っているのか、すごい気になる

中田 実際のところ、きわどい写真がやっぱり多いな……というのが、社内では物議を醸しています。これはぶっちゃけどういう感じで撮っているのか、すごい気になっています。

青山 そうですね……それは企業秘密です(笑)。ただ、私はグラビアの仕事もよくしていて、ヌード写真も仕事では撮っているので、テクニック的な撮り方や見せ方はあるんですね。写真はフェイクにもできるし、リアルでもあるかもしれない。その揺らぎこそ、作品のポイントだと思います。

中田 やきもきさせるところも含めての作品?

青山 そうなんです。

中田 少女の顔が紅潮していたり、口元に何かが付いていたり、よく見れば見るほど、己の中でザワつきが増して……(笑)。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

少女礼讃

青山 裕企
青幻舎
2020-06-26

この連載について

初回を読む
少女礼讃』とは何だったのか?

青山裕企

6月に青幻舎から出版された、写真家・青山裕企さんの最新作『少女礼讃』。素性のわからない一人の「少女」を、2年間休むことなく撮影し続けた本作は、その時間の厚みを表すかのような512ページの大作として完成しました。本連載は昨年、書籍の発売...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yukiao 現在はランキング2位ですが、 発売から二ヶ月経っても、 数多くの方にお買い求めいただきまして、嬉しいです! ありがとうございます。 cakes対談と写真連載も、本日で完結しました! https://t.co/bYgxTVpYgv 3ヶ月前 replyretweetfavorite