ありのままを求めるよりも、欠陥や不足も含めた「持ち物」をどう使うか考える。

自分の「欠陥や不足」を、自分の「持ち物」というサクちゃん。足りない部分について、自分が持っていない部分とせず、持っていない部分を持っているということですね。なるほどなあ。踊り場に出てダンスをする。自力と他力の有効なバランス。今回はそんなサクちゃんの交換日記。連載第24回(毎週火曜日更新)

蘭ちゃんへ

こんにちは!
8月に入って猛暑の日が続き、本気出すのもいいかげんにしてほしいとうんざりしています。夏バテなどしていませんか? わたしは絶賛バテ中。

さて。ほんとうに、わたしと蘭ちゃんはやり方が全くちがって、知れば知るほどおもしろいね。ただ、やり方が違えど、ふたりともそれぞれの不足を補うように(または反動のように)考え方ややり方が作られてきたんだな。つくづく欠陥や不足も含めて「持ち物」なんだなあと思います。

わたしは今までずっと、もともと持っていないものやできないことを、別の何かで補ってみたり、後から手に入れようと努力したりを繰り返し、足掻き続けてきました。「ありのままで」が推奨される昨今だけれど、わたしは環境による影響のつよさをないことにして「ありのまま」でいるのは難しいのではないかと考えます。それよりも、どうせ影響があるのならそれを認めて自分の力で環境を選び、作る努力を続けたいと思う派です。

*ー*ー*

ダルクという薬物依存の回復を支援する団体で唱えられているのニーバーの平安の祈りというのがあります。

神様、私にお与えください
自分に変えられないものを受け入れる落ち着きを
変えられるものを変えていく勇気を
そして、2つのものを見分ける賢さを

数年前にこの祈りを知ったとき、わたしが子どもの頃から願い続けてきたことと同じだなと思いました。「このままではいやだな」と感じたときに、自分以外の別の誰かになることはできないけど、環境や、考え方や行動のクセは、なんとか自分で変えることができるのではないかなと考え続けてきました。変えられないものは何で、変えられるものは何か、それを見つけるためにものごとをいろんな角度から見る習慣ができました。

わたしに今「考える力」が少なからずあるのは、欠陥や不足のおかげです。足りないから、いやだから、困るから、考える習慣がついたからです。蘭ちゃんの「書く力」も、「伝わらない」という「したいけどできない」不足があったからついた力なのだろうなと思いました。

また、ダルクのスローガンに「JUST FOR TODAY(今日一日)」という言葉があります。未来への不安を見ないで、一日一日をしっかり見て、ひとつずつ越えることだけ考えるという時間の捉え方です。これもまた「命短し恋せよ乙女」と爆走していた蘭ちゃんが、急ぐのをやめて時間を捉え直すことができたのと同じだなと思います。

わたしも同様に、遠くて見えない未来や将来に夢を見て期待をするよりも、今困ることやいやなことを少しずつ変えていくことに注力したのは、やっぱり悪いやり方ではなかったなと思えます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
サクちゃん蘭ちゃんのそもそも交換日記

土門蘭 /桜林直子

東京でクッキー屋さんをしている「桜林直子(サクちゃん)」と、京都で小説家として文章を書く「土門蘭(蘭ちゃん)」は、生活も仕事も違うふたりの女性。この連載は、そんなふたりの交換日記です。ふたりが気が合うのは、彼女たちに世界の「そもそも」...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

faun_soul サクちゃんさんの 「自力本願、他力サンキュー」の 言葉が軽やかに耳を通り抜けた🎶 https://t.co/UKDkoU1yEo 約1ヶ月前 replyretweetfavorite