第16回】 カジノはなぜオレンジの香りがするか ~本能に訴える効果~

人間の本能にインプットされている心理的反応を活用して、接客業などで次々に導入されている香りと色、そして音。その原理と、基本的知識をご紹介する。

 ある種類のエッセンシャルオイルの香りをフロアに漂わせると、カジノの収入が48%も向上した──。米国ではこんな研究結果も報告されていると聞けば、香りの効果の高さをわかっていただけるだろうか。

 ラスベガスなどのカジノでよく使用される香りはオレンジやジャスミン。気分を高揚させる「アップリフティング効果」があるとされている精油だ。ギャンブル場での使用の是非はともかく、気分が落ち込んでいたり、食欲がないときに香りをかぐと、大きな効果がある。

 人工の香料と違い、香りもおだやかで、強烈な印象を与えない天然の精油に、どうしてこのように大きな効果があるのか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
心理入門 効果絶大!  ~人の心を動かす技法~

週刊ダイヤモンド

トップ営業マンは心理学を知らなくても優秀なのだから、営業に心理の知識など必要ない──。本当にそうだろうか? 優秀なビジネスマンを観察すると、本人は意識せずとも「心理テクニック」に当てはまる会話や行動がめじろ押しだ。心理の基本を学べば彼...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません