子どもファースト

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変ななか、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。この連載では、『シングルマザーで息子2人を東大理Ⅰに 頭がよくなる「ルーティン」子育て』から、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、どのように考え、行動し、生活や受験勉強のサポートを行ってきたのかを紹介していきます。

第1章 ぶれない子育ての大原則

【取捨選択】大学を卒業させるまでは「子どもファースト」

仕事のキャリアと子育てと、どちらをとるかと聞かれたら、みなさんはどちらを選ぶでしょうか? 最近は、働きながら子育てしているお母さんもたくさんいますので、どちらも両立している方が多いかもしれません。
ただ、どうしても妊娠・出産と育児休暇で仕事にブランクができてしまうため、子育ての間はキャリアアップをあきらめてしまう女性も少なくないといいます。

離婚する前、専業主婦をしていた私は、迷うことなく子育てに専念していました。自分が働かなくても、元夫の収入だけで家計はなんとかやりくりできたので、子どもと過ごす時間を大切にしたかったのです。 離婚後は生計を維持するために、パートや派遣で働きはじめましたが、仕事よりも子育てを優先する考え方は変わりませんでした。
子どもが大学を卒業するまでは親の責任だと思っているので、それまでは「子どもファースト」でいこうと決めていたからです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シングルマザーで息子2人を東大理Iに 頭がよくなる「ルーティン」子育て

たかせみほ

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変な中、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。本書では、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、ど...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません