いつかは海外へも進出するおつもりでしょう」|八面六臂(八) 2

豪腕作家として知られる伊東潤が描く、大隈重信の成長譚!
早稲田大学の創始者で、内閣総理大臣を2度務めた大隈重信という男は
どのような人物だったのか?
幕末の佐賀藩に生まれ、
明治期に藩閥政治から立憲・政党政治への道筋を切り拓いた男の思想と生涯とは。
青年期から最晩年まで、
「走る人」「闘う人」「創る人」「聞く人」として駆け抜けた、
令和版大隈像をお楽しみください。

「大隈さん、このままでは、日本沿海の海運は薩長の手に握られます」

「つまり陰で手を握ろうということですね」

「そうです。見返りは—」

「金銭的な見返りは要りません」

「よろしいので」

 大隈がワインを口に運びながらうなずく。

「岩崎さんのおっしゃることは、よく分かります。民間事業は自由競争が基本です。それを圧迫するようなことはよろしくないですね」

 いかに旧土佐藩の肝煎りとはいえ、民業を振興させるという旗を掲げた政府が、逆に民業を圧迫させるなど間違っている。

「つまり向後、便宜を図っていただけると思ってよろしいか」

「いえいえ、私ができることは、公正な競争が行われるよう仕向けることだけです。後は岩崎さんの腕次第—」

「はは、それもそうですね。分かりました。それで十分です」

 岩崎が頭をぺこりと下げたのを見て、大隈が話題を転じた。

「海運業は楽しいですか」

「えっ、楽しいと—」

「そうです。岩崎さんのことだ。いつかは海外へも進出するおつもりでしょう」

「さすが大隈さんだ。何事もお見通しですな」

「あなたは生粋の商人だ。政治家にならないでよかった」

 岩崎が恥ずかしそうに頭をかく。

「当初は私も政府の高官になって出世したいと思っていました。しかし土佐は身分制度が厳しく、後藤さんや板垣さんは、私のことなど歯牙にも掛けてくれませんでした。それでも土佐藩の大坂蔵屋敷を切り回していたのを認められ、九十九商会(旧土佐商会)を拝領しました。当時は『こんな債務だらけの会社をもらってどうする』と思いましたが、事業というのは知恵一つでいかようにでもなると気づいてからは、『よし、やってやろう』という気になりました」

 岩崎が感慨深げに語る。

「さすが岩崎さんだ。切り替えが速い」

「こんな時代ですからね。くよくよしていても始まりません」

 —その通りだ。

 使節団の件では、大隈にも忸怩たるものがあったが、岩崎のように気持ちを切り替えねばならないと思った。

「岩崎さんの話を聞いていると、天命というものが本当にあるのではないかと思いました」

「そうかもしれません。大隈さんも逆に国内に残られてよかったかもしれませんよ」

 岩崎が狡猾そうな笑みを浮かべる。

「どうしてですか」

「居残り組、いわゆる留守政府を見渡して下さい。三条さんを筆頭に、西郷さん、板垣さん、大隈さんの三参議。さらに閣僚としては、後藤さん、井上さん、山縣さん、大木さんらで内閣は構成されていますよね」

 この頃、副島は外務卿に就任し、外国公使らとの折衝に掛かりきりになっていたので、内閣の枢要には関与していない。

「それがどうかしましたか」

「三条さんはご存じの通り、武士出身者に頭が上がらない。西郷さんと板垣さんは参議になって三月しか経っていません。つまり国政に慣れていない。ほかの方々は、何を言おうが参議の下役だ。つまり内閣は大隈さんの自由になる」

「いえいえ、そこは大久保さんだ。われわれ参議と『十二カ条の約定書(誓約書)』なるものを取り交わしています」

「ああ、そのことは知っています」

 岩倉や大久保らは、自分たちが外遊している間、主要政策の決定や重要人事を留守政府が行ってはならないという「十二カ条の約定書」を、留守組の参議との間で取り交わしていた。

「だが、物は考えようです」

 岩崎の三白眼が光る。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
威風堂々 幕末佐賀風雲録

伊東潤

豪腕作家として知られる伊東潤が描く、大隈重信の成長譚! 早稲田大学の創始者で、内閣総理大臣を2度務めた大隈重信という男は どのような人物だったのか? 幕末の佐賀藩に生まれ、 明治期に藩閥政治から立憲・政党政治への...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません