〝美は見る人の目の中にある〟その通りだと思うの

世界中の少数民族を収めたベスト作品集発表から2年……。最新作は『DRAG QUEEN -No Light, No Queen-』。特典DVDに収録された、ヨシダナギさん自身によるドラァグクイーンへのインタビューを特別連載。
誰もがもっと自由に生きやすい世界になっていくことを心から願いながら。美しくもたくましいクイーンたちへ、大きな尊敬とともに今、眩しいほどのスポットライトを。

Harajuku(ハラジュク)@New York

ー自己紹介をお願いできますか。

ハーイ、わたしの名前はハラジュク。20歳で、フルタイムでドラァグクイーンをやってるわ。稼ぐためと生活のために毎日楽しみながらドレスを着ているの。

ーハラジュクという名前の由来は?

わたしは日本の文化と原宿のファッションに大きな影響を受けたから、ドラァグを始めるときに取り入れようと思ったの。それで、その2つを融合させてドラァグクイーンを始めたんだけど、今はそこまで日本の文化やファッションを表に出していないのよね。もうちょっと幅広い意味で〝ハラジュク〟という名前を使っているわ。

ー原宿に行ったことはありますか?

わたしは原宿に行ったことはないの。というか、日本の東京だけじゃなくって、どこにも行ったことがないわ。だって、パスポートすら持っていないんだもん。

ードラァグクイーンになったきっかけは?

わたしはとても大変な時期にドラァグと出会ったわ。薬物依存症、アルコール依存症と闘っていたの。高校に通っていたんだけど、あまり行ってなかったから 全教科落第しちゃってて……ドラァグに出会ったとき、わたしは中退を決意したの。「この道こそが私の進むべき道だ」って、確信したのよ。何をやってもうまくいかなかったわたしが本当にやりたいことだと思ったし、わたしに訪れた最高の出来事だと感じたから本気でやってみようって決意したの。

4年間この仕事をしているわ。16歳で高校を辞めてから今のところ順調よ。いろいろな街へ旅行に行けて、パフォーマンスができているの。シカゴ、ロサンゼルス、マイアミにも行ったし、今月末にはボストン、2ヶ月後にはピッツバーグにも行くし、今のところは超楽しいわ。(※取材は昨年)周りの人にも恵まれているしね。何よりも衣装を着ているわたしに周りの人が喜んでくれたり、愛と光を感じてくれる人がいることに感謝してる。だから、もう気分は最高よ。

ードラァグクイーンになって変わったことは?

ドラァグを始めてから人生で多くのことが変わったわ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

世界中の少数民族を収めたベスト作品集から2年……。 ヨシダナギの新境地となる作品の被写体は「ドラァグ・クイーン」

この連載について

初回を読む
DRAG QUEEN(ドラァグクイーン)

ヨシダナギ

世界中の少数民族を収めたベスト作品集『HEROES』から2年……。ヨシダナギさんの新境地となる作品の被写体は「ドラァグクイーン」。「Dress as a girl」略して「Drag」。一般的に女装する男性をさします。 誰もがもっと自...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pmmmmmmmmmk これ https://t.co/JAtm3efIMP 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

pmmmmmmmmmk 内容はいいんだけど「~だわ」みたいな口調が気になってしまう 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

granat_san 面白かった。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite