今日で別れるつもりの恋人と、教室みたいなラブホにいく

時田桜さんのラブホレビュー連載、これまでは同性の相手と行った話でしたが、今回は男性と行ったラブホです。時田さんがラブホに目覚めたホテルとは、いったいどんなところなのでしょうか?

2月の終わりの話。

ててててっ ててててっ ててててー
I have a pen. I have an apple. あぉんっ Applepen!

『SARA錦糸町』の505号室で、裸になってからというもの、私の頭の中では、ピコ太郎のPPAPがずっと流れ続けている。といっても、まだ3周目だけど。「私、いま、ピコ太郎のことを考えている」と言うと、同じく裸になって、学校用の木製の椅子に座っている私の恋人は怪訝な顔をした。

「どうして?」彼が聞き返すのは当然だ。この部屋を見渡しても、黄色い豹柄や薄いサングラスみたいなピコ太郎を連想させるものなんて一つもない。だから当然、私だって、ピコ太郎の容姿を思い出したわけじゃあない。

ただ、ピコ太郎がPPAPを歌う時の喘ぎ声が突然、聞こえたのだ。あぉんっ。ペンとりんごをくっつける時、漏れる、低いため息。ペンとリンゴを結合させるには、強い力が必要だ。なぜなら、ペンとリンゴは普通くっつくはずのものではないからだ。くっつくはずのないものを無理やりくっつけようとする時、人は力まなければいけない。その時に、弾みで、あぉんっという喘ぎ声が出るのだ。

今日で、恋人とは別れるつもりだった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ラブホはわたしのワンダーランド

時田桜

ラブホに魅せられ、ラブホの虜になってしまった大学生の時田桜さん。時田さんが、そんな「ラブホの素敵が詰まった要素」をとにかく書き連ねるのが本連載。毎週1つラブホテルを訪れ、「素敵」をレビューします。「cakesクリエイターコンテスト20...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kareigohan42 えっどこ 東京大学駒場キャンパスにはラブホ代りに使われている教室があるらしいけれど。 https://t.co/ApwbCC7ven 28日前 replyretweetfavorite

tormentazucarar #スマートニュース 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

bonnchan #SmartNews https://t.co/lYZ9d2lZUI 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

granat_san 今回の文章自体が面白かった。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite