モテる男はTwitterでナンパしたりしない」メンヘラを巡る対話

スイスイさんの連載「メンヘラ・ハッピー・ホーム」の書籍化と、「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」の松本千秋さん初の単行本『トーキョーカモフラージュアワー』の発売を記念して対談を行いました。「私はメンヘラではない」という松本さんと『すべての女子はメンヘラである』というスイスイさん、どのような対話になるのでしょうか?

どうしてティンダーの漫画を書き始めたのか?

スイスイ 松本さんの美しさが常軌を逸しており緊張しています。今日はよろしくお願いします。

松本千秋(以下、松本) スイスイさんの本を読ませていただいたんですが、どれも的確すぎて本当に何の反論もできないです。

スイスイ 反論って(笑)。

松本 メンヘラを続けていいんだよという愛もあるし、やめたければこうすればいいということも的確に書いてあるから、続ける人もやめたい人も救えるんじゃないかなと思いました。読みながら、私はメンヘラではないなと思ったんですけど……。スイスイさんにとって、メンヘラの定義って何なんでしょう?

スイスイ 今回の本の中では、「感情のコントロールが苦手で、暴走してしまう人」と定義しています。メンヘラ性で困っている人ってことですね。例えば生理前や、母親に会う時だけ感情のコントロールがきかなくなるとか、そういう局所的な感情の暴走もメンヘラの特性ということでうたっています。


『すべての女子はメンヘラである』(飛鳥新社)

スイスイ 松本さんの連載、大ファンで欠かさず読んでます。1stシーズンの最終回で主人公のチアキが「小学生の頃から生きてる意味とかない気がしてて……」って言ってるじゃないですか。この言葉は実際に松本さんの本心として描かれているんですか?

松本 そうです。基本的に生きてる意味はずっと分からなかったです。小5で死にたいと思いましたけど誰にも言った事なかったですし。で、漫画で自分の言いたいことを描いて、あんまり否定されなかったから、そこでやっと生きててよかったと思いましたね。

スイスイ わりと最近なんですね。生きる気力がなく生きていたのに、突然漫画描こうってなったきっかけはなんですか?

松本 ティンダーで遊びまくっていた時期があったんですけど、ネタ祭りで。漫画みたいなことばかり起きるから、友達にガールズトークで話したら小説書けそうだねって言われたんです。映画とドラマを見るのが趣味なので、小説より脚本かなって思ったんですけど、脚本の書き方が分からない。あ、私イラストレーターじゃんって思い出して。

スイスイ もともとイラストレーターなんですか!

松本 そうなんです、仕事がイラストレーターの時があったので、とりあえず4コマ漫画なら描けるかなと思って描いたら80枚できちゃったんですよね。

スイスイ 80枚!(笑)。

松本 それでnoteで有料で売ってた最中に「コミックエッセイ大賞」が始まったので、その80枚を全部、1日1枚ずつ投稿していったという。
 私は人に求められて本気を出すタイプなので、連載しましょうと言われてからは責任感の塊になって、本気で描こうってなりましたね。


こちらは『ヤングキング』連載
『トーキョーカモフラージュアワー1』(少年画報社)

元彼映えを最優先にして生きる

スイスイ かっこいい……! ちなみにさっきご自身のティンダー経験を「ネタ祭り」っておっしゃってましたけど、普段から第三者の視点で自分を見ているところがあるんですか?

松本 自分のことはいつも第三者の視点で見ています。主観で突っ走るのは逆に苦手ですね。

スイスイ 小さい時からずっと?って私すぐメンヘラ尋問してしまうんですが(笑)。

松本 小さい時からそうかもしれないですね。本能的に突っ走るのがすごく苦手なんですよ。親は全部喜怒哀楽がはっきりしているんですけど、それが大嫌いだったんですね。喜怒哀楽がある親の行動がすごく苦手で。

スイスイ そうならないようにと、反面教師的になっているところもあるんですね。

松本 そうだと思います。スイスイさんの本には、私とは真逆の、本能的な女子がいっぱい出てくるので、そこがすごいなって。でもスイスイさんはこういう文章を書いていても客観視できるから、的確にお悩み相談にも乗れるんですよね。主観だけで突っ走っている時と客観視している時で、切り替えができているという感じなんですか?

スイスイ お悩み回答を書くときは切り替えができてる感じなんですが、ただ自分のこととなると、自分で客観視というより、元彼の目線で自分を見てますね。

松本 その元彼から見て、超イケてる感じにしておこうみたいな?

スイスイ そう……ですね。ただ、ニュアンス的には「できるだけイケていたい」とかいう希望的なノリではなく、イケていないと「死」みたいな切羽詰まった感じで、人生において元彼映えを最優先して生きてます。。

松本 スイスイさんの連載によく出てくる元カレの「ラスボス」さんっているじゃないですか。スイスイさんが振られちゃったんですよね?

スイスイ はい。

松本 どんな理由、どんな言葉でお別れすることになったんですか?

スイスイ ……言葉ですか。それは考えたことなかった。言葉を覚えていないくらいショックだったんですけど。別れた理由は、私がラスボスさんと付き合っているときに別の元彼と会っているのがバレたからなんですけど。

松本 愛情のある理由で振られているんですね。

スイスイ 愛情のある理由……!? そんな前向きに捉えたことなかった!

松本 彼が他に好きな人ができたとかならどうしようもないけど、他の男の人に会って嫉妬されて別れてるわけで。

スイスイ 確かに前向きかもしれない!

松本 スイスイさんのことが好きじゃないと嫉妬しないと思うから。いくらでも復縁できそうな理由で別れたのかなって。

スイスイ そう思います!? cakesでラスボスをインタビューしてもらったことがあったんですけど、その時は「こんなに僕が尽くしても代わりがいるんだなということに絶望して、別れを心に決めた」というような事を話していたそうですが。

松本 衝動的に目が覚めたみたいな感じなんですかね。

スイスイ でも、実は私それ本心だと思っていなくて。ずっと彼はメンヘラ的な恋愛から逃げ出す理由を探していたんだと思います。
 今までメンヘラと付き合ったことがないから、たまたまメンヘラの恋愛に入り込んじゃったんです。そこから尽くすキャラをめちゃくちゃ周りに見せていたけど、別れるタイミングがなかったから、私が元彼と会ってるのをきっかけに抜け出したんだと思っています。

松本 抜け出すきっかけを作ってしまったという。

スイスイ うん。だって本当にさっきのが理由だったら、復縁しているチャンスめっちゃあったと思うんですけどそんな気配もないし。メールだって全然返ってこなかったです(笑)。

モテる男はTwitterでナンパしない

スイスイ 松本さんって生きてる意味がないという気持ちのままティンダーでいろんな人に会ってたとおっしゃいましたけど、たくさんの知らない人に会う時、壁みたいなものは最初ありましたか? noteに「DMを開放するの地獄だからやめた」と書いてらっしゃいましたよね。

松本 はい。

スイスイ それとティンダーでいろんな人と連絡するっていうハードルは違ったんですか?

松本 DMをくださる方は顔が分かんないので。

スイスイ 顔??

松本 ティンダーはイケメンなのは確実に分かる。違いはそこですね。

スイスイ そこかー!(爆笑)

松本 あとTwitterのDMで出会おうとしている時点で、モテないのが分かるんですよね。モテる男の人だったらTwitterでナンパしないんですよ。

スイスイ え、ティンダーとは違うんですか?!

松本 はい。ティンダーで充分なんですよ、イケメンは。

スイスイ なるほど?!

松本 ティンダーって、イケメンの自覚がある人はみんな顔出しなんですよね。顔出しのイケメンが出てくるから、イケメンを探している私にとっても、イケメンたちにとっても最高のツールなんです。

スイスイ イケメンが自分の武器を出しやすいんだ!

松本 そう。だから顔の出てこないツイッターの利点って一切ないんです。

スイスイ そっか。イケメンかどうか分かった上で会えるから安心なんだ。

松本 Twitterでがんばっている時点で、顔を見なくてもイケメンじゃないのはわかります。

スイスイ わー(笑)。

松本 ティンダーで出会った男の人の中に、自分はメンヘラホイホイだってすごく自慢げに話す人がいたんです。スイスイさんの本に描いてあった身体的特徴に、「メンヘラホイホイの人は、あひる口をしている」って書いてあったんですけど、その人めっちゃあひる口していて。

スイスイ でたあひる口!(笑)。

松本 いずれ描こうと思っていたんですよ。そしたら、この本に先に書かれてる!と思って。あひる口の人は本当にメンヘラホイホイなんですかね?

スイスイ かなり率高いと思います。

松本 あれは何を主張しているんだろう(笑)。先越されちゃったけどそれは描きたいなって思います。

スイスイ 彼らのアヒル口にあるのは主張っていうか、「男らしい俺」とは逆の「中性的な僕」を見せたいっていうのと、あとはもともと対面で女性と話すのが得意ではない人が多いので、どんな顔していいか分からなくて口に力入りすぎてああいう表情が鉄板になった……って思ってるんですけど、それは連載に私もまた書きますね!ちなみにそのホイホイとはどうなったんですか?

松本 いや私、そのメンヘラホイホイのあひる口の男に、メンヘラみたいなことをしてしまって。

スイスイ え!? 詳しく教えてください(笑)。

構成:二宮なゆみ

次回は8月22日(土)公開予定!



スイスイさんの連載『メンヘラ・ハッピー・ホーム』


松本千秋さんの連載『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』

この連載について

スイスイ×松本千秋 メンヘラを巡る対話

松本千秋 /スイスイ

スイスイさんの連載「メンヘラ・ハッピー・ホーム」の書籍化(書籍名『すべての女子はメンヘラである』)と、「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」の松本千秋さん初の単行本『トーキョーカモフラージュアワー』の発売を記念...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

yurinohanamaru 『モテる男はTwitterでナンパしない』 https://t.co/2BifG18Kab https://t.co/e00QUlmRwZ 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

kairei おもしろかった 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

BeVi56174065 「メンヘラホイホイのイケメンの男はあひる口の自撮り」わけがわからないけどわかる気もするのだ!!元イさんはあひる口ができないのだ! https://t.co/9FJNb11GHK 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

49sick89hack イケメンが自分の武器を出しやすい #n575 https://t.co/BsW9Ei83IR https://t.co/Rv77dW3WBA 約1ヶ月前 replyretweetfavorite