親の看取り方#9】必ず知っておきたい3大延命治療の基礎知識

人生の最期が近づいてきたとき、延命治療を選ぶのか否か ──。

 人生の最期が近づいてきたとき、延命治療を選ぶのか否か ──。

 そのことについて事前に話し合っておらず、親が意思表示できる状態になければ、判断は家族に委ねられる。

 本誌のメールマガジンアンケートで、親の看取りを経験した人たちの回答を見てみると、「延命治療を望まないとの意思確認をしていたので、それに沿うような医療機関で対応した」(50代・男性)という人は少数派だ。「『特別な延命治療を希望するか』と医者に聞かれたが、返答に迷った」(60代・男性)、「親の延命治療について、家族間の意思調整で悩んだ」(50代・男性)といった回答が多かった。

 よくわからないのですべて医師に任せる、というのはよくない。本人も家族も、自己決定を行う判断材料として一定の知識を持っておくことが重要になる。

 「延命治療」とは、病気の治る見込みがなく、最期が迫ってきたときに行う医療処置のこと。さまざまな治療法がある中、「3大延命治療」とされているのが、人工栄養・人工呼吸・人工透析である。ここでは、その治療方法について個別に解説していく。

①人工栄養

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません