親の看取り方#8】「寝たきり老人」はいない 延命治療を控える欧米の常識

死に向かうとき、人や動物は少しずつ食べなくなり、空腹やのどの渇きを感じなくなる。これは、体が水分と栄養を必要としなくなるからだ。

「寝たきり老人」はいない 延命治療を控える欧米の常識

北海道中央労災病院 院長・宮本顕二
江別すずらん病院 認知症疾患医療センター長・宮本礼子

 死に向かうとき、人や動物は少しずつ食べなくなり、空腹やのどの渇きを感じなくなる。これは、体が水分と栄養を必要としなくなるからだ。

 だがわが国の高齢者は、老衰や病気の終末期に口から物が食べられなくなると、当たり前のように人工栄養(点滴、鼻チューブや胃ろうからの経管栄養)が行われる。そのため高齢者の病院は人工栄養で生かされている何もわからない寝たきりの患者が多くを占めている。

 たんの吸引は苦しみを伴い、不快な人工栄養の管を抜こうとする高齢者は、手が縛られる。このような最期を本人が望むはずもない。ある外国人の医師が日本の病院を見学したとき、「日本には物言わぬ寝たきり老人がたくさんいる!」と驚いたそうだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pipe567 |週刊東洋経済|「経済はドラマチックだ」週刊東洋経済 https://t.co/eXi0jg9mIK 23日前 replyretweetfavorite